内定がもらえない人は7つの同じ特徴を持つ!?

  • 応募書類を送っても送っても、面接まで行くことが出来ない。
  • 面接を受けても受けても、内定をもらうことが出来ない。

実は、この様にいくら応募しても内定をもらうことが出来ない人には、同じ特徴があるのです。

それがどの様な特徴なのかをお話したいと思いますので、あなたに当てはまるかどうかを確認してみて下さいね。

 

内定がもらえない人の特徴は以下の7つです。

  1. 自己分析が出来ていない
  2. 個性がない
  3. 自信を持てていない
  4. 余裕がない
  5. 質問を想定出来ていない
  6. 質問の真意を理解出来ていない
  7. 周りに流される

ひとつづつ噛み砕いて、お話しして行きますね。

 

自己分析が出来ていない

自分自身で、なぜ転職をするのか、なぜ転職をしたいのか、目的が明確になっていなかったり、何を目指しているのかが不明瞭だったりしていると、受け皿となる企業側としても方向性が見えないため受け入れること難しくなってくるでしょう。

また、今までの経験やスキル、キャリアといった部分の整理が出来ておらず、自分の何をアピールすべきなのか、自分ができることは何なのか、が定まっていないと、前面に押し出すポイントが見えて来ません。

これらの自己分析が出来ていないと、応募書類で何をアピールすべきなのかが定まらないために、読んでもらえる履歴書と気の利く職務経歴書の書き方で言っているような、魅力的な履歴書や職務経歴書を作成することは困難です。

 

そもそも自己分析が確りと出来ていない場合は、自分のレベルが理解出来ていないことが多いので、自分とはレベルの合っていない企業へ応募していることもあり得ます。

そうなると、いくら多くの企業へ応募をしたとしても無駄となる可能性が大きいですね。

まず、転職活動は自己分析からスタートすべきでしょう。

 

個性がない

どんなに優秀な人材だとしても個性が全くなく、他の転職者と同じであると、不利になるでしょう。

企業の成長期には、とにかく多くの人材が必要ですので、個性などは問われませんでしたが、現在では多くの企業が安定期や衰退期に入っているために、新たな発想を生む人材を求めています。

変革期や発展期には、この様な個性に溢れた人材が求められますので、他の人と同じような労働力にしかならない個性のない人材は敬遠されてしまうのです。

 

こういうお話しをすると、自分には個性がないので転職は難しいという方が多くいらっしゃいますが、自己分析を確りとすれば必ずと言っていい程ひとつ位は個性が見つかるはずですので、まずは自分のことを見つめ直してみて下さいね。

企業ステージに付いては、こちらの転職をする企業の成長ステージで企業を見極めるで詳しくお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

応募をする企業ステージを見極めることで、自分が必要とされるのかどうかが必然的に見えてくるはずです。

 

自信を持てていない

面接で自信なさそうに話しをしている面接者と、堂々としている面接者では、まったくイメージが変わって来ます。

まず、面接官が思うことは、面接で自信なさそうに話している人は、仕事の現場でも自信を持って業務をこなせないのではないかということです。

 

あなたが会社の社長だとして、自信なさそうに自社の製品を勧めて来る営業マンと、同じことを言っていたとしても自信満々の営業マンとでは、どちらの営業マンと契約をしますか?

ほとんどの方が後者と答えるのではないでしょうか。

今後お付き合いするにしても、自信がない人とはあまりお付き合いしたくないですよね。

 

面接は、ほんの数分から数十分です。

その間くらいは、自信が溢れんばかりに対応してみて下さい。

あなたのイメージは180度変わりますよ。

 

しかし、そうする為には普段から自信を持つことが重要です。

面接の時だけ取り繕っても、多くの面接者と面談をしてきている面接官にはバレますからね。

 

余裕がない

これは、自信がないのと繋がって来ますが、面接の場で落ち着きがあり余裕がある人と、落ち着きなく余裕がない人とでは、大きな差が出て来ます。

彼女がいる男性や、既婚男性はモテるという都市伝説を聞いたことはありませんか?

 

人事バカが思うに、この伝説は余裕から来ているのだと昔から思っています。

女性は、余裕のある男性に弱いんですね。

 

面接官も同じです。

なぜだか分からないけど、この人には余裕がある、落ち着きが見える。

こんな方が面接官は好きなんです。

 

質問を想定出来ていない

面接対策として、面接官からどんな質問が投げかけられるのかというのは、準備しますよね?

ここで言う質問を想定出来ていないというのは、想定しきれていないといった方が良いかも知れません。

対策が甘いということです。

すなわち準備不足だと受け止められてしまいます。

 

面接官も面接のプロですから、面接者がどの様な対策を取って来るのかを予測しますので、ありきたりの面接対策では裏を読まれてしまうのは当然でしょう。

今あなたが考えている対策よりも、更に深いところまで追求してみて下さい。

 

面接で投げかけられる質問の8割は、想定できるはずですので、面接で想定される13の質問を参考に答えを準備しておくようにしましょう。

残り2割の質問に関しては、その場で答えを出すしかありませんが、基本的に面接官が聞きたいことは、転職理由と志望動機です。

この2つを確りと抑えておけば問題ありませんので、安心して下さいね。

 

質問の真意を理解出来ていない

上記で、面接官は質問を投げかけてくるというお話しをしましたが、面接官が出してくる質問には、ひとつづつ真意があります。

直接聞いていることと、本当に知りたいことは違うということです。

 

例えば「仕事のどの部分にやりがいを感じますか?」という質問であれば、面接官の真意は「あなたは仕事に何を求めていますか」ということです。

企業が人材に求めるものと、あなたが仕事に求めることが一致しているのかどうかを知りたいのです。

本当にやりがいを聞いている訳ではないのですね。

 

これらは、面接官の立場に立って物事を考えれば答えは自ずと見えてくるはずですので、質問から本当は何を聞きたいのかをよく考えて挑んでみて下さい。

 

周りに流される

転職を考える時には、誰もが情報収集すると思いますが、転職に関する情報は星の数程あります。

その情報すべてに目を通していては時間もありませんし、間違った情報も多くあるので、無駄となる可能性も高いのです。

そのような外の情報ばかりに惑わされるのではなく、あなた自身の情報を整理することを優先させて下さい。

最も大切なのは、あなた自信が体験して得た経験や情報です。

 

また、同じように転職活動をしている知人や友人から入手した情報にも注意が必要です。

あなたと同じく、なかなか内定が出ない人からのアドバイスほど無駄なものはありません。

内定がもらえない人からの情報やアドバイスは、的外れなことが多いので、それを鵜呑みにしたとしても内定の確率が上がることは皆無でしょう。

むしろ、マイナスに作用する可能性の方が高いかも知れません。

内定が出ないのでですから当然ですよね。

 

逆に、内定をガツガツ得ている方からの情報やアドバイスは、必ず受けるべきです。

内定がもらえない人は7つの同じ特徴を持つ!?という題名でこのページを書きましたが、内定をもらえる人にも同じく特徴があるからですね。

お金があるところにお金は集まると言いますが、内定をもらえる人の周りには内定をもらえる人が集まります。

その仲間に入るようにしましょう。

そこからの情報を重要視することです。

 

内定がもらえる人の特徴

それは、内定がもらえない人の特徴の正反対を持っている人ですね。

  • 自己分析が出来ていて
  • 個性があり
  • 自信を持てていて
  • 余裕があり
  • 質問を想定出来ていて
  • 質問の真意を理解出来ていて
  • 周りに流されない

こんな方は、面接官も放ってはおかないでしょう。

 

今すぐに、あなたもこうなりましょうと言ってもなかなか難しいものがあると思いますので、自分でも認識出来る物があれば、それをひとつづつで良いので潰して行ってみて下さい。

そして、自分には何が足りないのかを転職に成功している方や、転職支援のプロなどに、どんどん聞いてアドバイスをもらうようにしましょう。

内定がもらえない人の特徴を払拭することじたい実は、そこまで大変ではないので、チャレンジしてみて下さいね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ