転職エージェントの裏事情

すでに人事バカのサイトを見ていただいている時点で、転職エージェントが多くあることは理解出来ていると思います。

そして、それぞれの転職エージェントによって、特徴も違いますし、転職支援のサービスの質も違うということも理解されているでしょう。

あなたの転職に最も有効な転職エージェントはどこなのかを知る為には、そのシステムや裏事情を知ることが近道となりますので、その辺りのお話しをしてみたいと思います。

 

転職エージェントを簡単に言えば

ハローワークに行ったことはあるでしょうか?

安定した職に就けるように国が運営する機関で、窓口には人材紹介の担当者がおり、転職者に対して1人の担当者が付き就職相談に乗ってくれます。

そして、あなたに合う企業があれば連絡を取ってくれて、面接の日程などの調整も行ってくれます。

これらのことをすべて無料でサービスを受けることが出来るのです。

 

転職エージェントは、そのハローワークの民間版だと思ってもらえれば良いと思います。

同じく、あなたに合う企業の紹介から取次まですべて行ってもらうことが出来ます。

 

転職エージェントとハローワークが大きく違う点は、無料か有料かです。

ハローワークは無料で、転職エージェントは有料になります。

しかし、転職者が支払うわけではなく、転職先企業が支払うことになるので、転職者からするとハローワークと変わらず無料で転職支援をしてもらうことが出来ますのでご安心を。

 

転職エージェントに支払われる報酬は、後で詳細に話しますね。

ハローワークは国の運営で、転職エージェントは民間で報酬が発生する。

この違いから分かるように、転職エージェントには仕事の対価としての報酬があるので、ハローワークの担当者とはやる気に大きな差が生まれます。

斡旋と考えた時には、転職エージェントの方が断然有利に進めることができるでしょうね。

 

では、転職エージェントの報酬に付いて話して行きたいと思います。

 

企業と転職エージェント間の報酬

転職エージェントが人材を企業へ紹介して、採用が決まれば採用時の年収の35%程度が企業側から転職エージェントへ支払われます。

600万円の年収だとすると210万円程度ということです。

多額ですね。

 

なぜ1人の転職を成功させただけで、これだけ多額の報酬が支払われるのでしょうか?

それは、もともと企業が抱えていた業務に関するところにヒントがあります。

転職エージェント利用と一般転職サイト利用の場合の応募方法の差

企業が転職エージェントを使わずに人材を確保するには、

 

求人情報を出す

会社説明会を開く

応募してきた転職者の書類審査を行う

合格した方に通知を出す

1次面接を行う

1次面接に合格した方に通知を出す

2次面接を行う

2次面接に合格した方に通知を出す

3次面接を行う

3次面接に合格した方に通知を出す

最終面接を行う

最終面接に合格した方に採用通知を出す

この様な流れが必要になって来ます。

 

応募して来た方の書類審査や通知を出す作業は、多くの時間がかかり同時にコストも大きくかかります。

小さな会社なら書類審査の数も数十程度ですが、大手企業では数百から数千にもなることもありますから、大きな負担となることは間違いありません。

 

転職エージェントを使い人材を確保するには、

 

転職エージェントに欲しい人材像を伝える

転職エージェントが選抜した転職者の概要を確認

1次面接を行う

1次面接に合格した方に通知を出す

2次面接を行う

2次面接に合格した方に通知を出す

3次面接を行う

3次面接に合格した方に通知を出す

最終面接を行う

最終面接に合格した方に採用通知を出す

 

という流れになります。

 

まず、企業が欲しい人材に適合した候補者しか面接にはこないので、無駄な時間をかける必要がなくなり、書類審査などの流れ作業に人材を割く必要がなくなるために、常時人事の人員を減らすことが可能になり、ここで企業側としては、人件費の削減をすることができます。

そして、転職エージェントを通さずに来た面接者よりも、優秀な人材が多いために、面接を短縮することも可能になります。

転職エージェントを通しての応募の場合は、優秀な人材が多いため、1次、2次、3次、最終という流れではなく、1次、最終という感じにすることも可能としている企業もあるようです。

また、企業から転職エージェントに支払う報酬は、転職者が一定期間就業を終了した時点で支払われることになっていますから、企業側としても入社後3日で退職などの危険からリスクヘッジが出来るのです。

要は、早期退職リスクを回避できるということですね。

 

この様に、企業としても大きく時間とコストを削減、リスクを回避することが可能になりますので、報酬である35%を支払ったとしても総合的に見ると割安で人材を確保することが出来ます。

時間、コスト、リスクを考えた場合、企業は転職エージェントを使うことの意味が出て来るということですね。

 

ですので、

  • 無料で転職支援サービスを利用できる転職者
  • 時間やコストの削減、リスク回避が出来る企業
  • 人材紹介報酬を得ることが出来る転職エージェント

と、3者でWinWinWinの関係が成り立っているのです。

なかなか企業運営をしていて3者共にWinという業種は少ないのでは?と思ってしまいますね。

 

転職エージェントが多く存在する理由

前述したようにWinWinWinの関係が成り立っていることもありますし、1人の転職者に対して1人の社員がいれば良いこと、そして報酬額が大きく利益率が他の業種に比べて高いことから、参入障壁が低いと言われています。

この様な背景から、転職エージェントが大手、中小と乱立しているのです。

事実、社員数1人から数十人程度の小規模な転職エージェントは、星の数ほど存在します。

それだけ、求人ニーズが高く儲けが出やすいということでしょう。

 

また、現在では転職に対する意識もまだまだ低いですが、今後は転職に対する意識も高まり、転職業界は益々繁栄してくることが予想されていますので、将来性がある為に更に参入してくる企業が増えるでしょう。

こういった状況下で、懸念されているのがサービスの質の低下です。

早く成長し過ぎている業界で問題になるのが、このサービスの質になります。

どこに行っても新人が多く、本質的に求めているサービスを受けることが出来ないなどが起こり得ますね。

IT業や、車の買取専門業などもそのひとつでしょうか。

 

では、この星の数ほどある転職エージェントの中から、どうすればあなたに合っている転職エージェントを探し当てることが出来るのでしょうか?

まず、転職エージェントを種別毎に別けて考えてみましょう。

 

転職エージェントは総合型と専門型

総合型は、その名の通りにどんな業界でも業種、職種でも対応してもらえる転職エージェントです。

もし、あなたが転職先として業種や職種が決まっていない場合は、総合型転職エージェントに登録してみるのが良いでしょう。

幅広く求人がありますので、対応も幅広く行ってもらうことが可能です。

 

専門型は、その名の通りにある特定の業種や職種に限定して対応している転職エージェントです。

もし、あなたが既に転職したい業種や職種が決まっているのであれば、こちらの転職エージェントを選ぶべきです。

IT業界に特化されていたり、エンジニアに特化していたりと、専門性が高いのが特徴で、より高度な内容の転職を求めるのであれば、専門型の転職エージェントに登録してみるのが良いですね。

 

総合型は、幅広い業種や職種に対応しており、豊富な求人が特徴ですが、高度な専門性を求めることは出来ません。

専門型は、業種や職種が限定されており、高度な専門性が特徴ですが、既に転職希望業種や職種が決まっていないと登録もままなりません。

総合型、専門型それぞれに特徴がまったく異なりますので、あなたの状況や求めるものによって使い別けてみて下さい。

 

例えば、一般的な営業事務で考えているのであれば、総合型に登録してみるのが良いですし、特殊な技術を持っていて高給取りとして雇われたい場合は、専門型を選ぶことです。

 

また、総合型と専門型では働いている方々も全く違った内容になりますので、あなたの担当としてついてくれるキャリアコンサルタントに付いて詳しく話しをして行きますね。

 

総合型と専門型のキャリアコンサルタント

転職エージェントの総合型と専門型のお話しをしましたが、総合型と専門型ではキャリアコンサルタントも大きく違って来ます。

 

大規模な転職エージェントの場合は、総合型に属することが多いので、多くの転職者を相手にすることとなる為に、業務効率化のためのシステムを構築されていることがほとんどです。

そして、総合型のキャリアコンサルタントは、あらゆる業種や職種の転職を支援してきていますので、幅広い知識を持ち合わせておりますし、効率化されたシステムによって1人のキャリアコンサルタントが多くの転職者の対応をするということになります。

構築されたシステムを使うことによって効率化はされますが、反面に転職者と接する時間が短く、ゆっくりと転職活動をしたいと願っている転職者には物足りなく感じたり、希望業界の専門知識を持っている転職者からすると、キャリアコンサルタントとの知識の差によるストレスを感じる場合もあるでしょう。

しかし、豊富な求人を保有しているために、条件の良い求人に出会える可能性は高くなるという面もあります。

これもまた、転職者の状況によって別れるということですね。

 

専門型の転職エージェントの場合は、大規模な転職エージェントとの差別化を図るために、業種や職種を特化させることが多いので、中小規模なことが多いですね。(もちろん大手が行っていることもありますが)

キャリアコンサルタントは、ITに特化した転職エージェントであればIT企業出身者であったり、エンジニア専門の転職エージェントであればエンジニア出身であったりと、キャリアコンサルタント自身をその業界の経験者のみで構成させるなど、特徴をフルに活かしている転職エージェントが目立ちます。

その業界出身者が多い専門型転職エージェントのキャリアコンサルタントは、専門知識も豊富にあるので、転職者も知識の差によるストレスを感じることなく転職活動を進めることが出来るでしょう。

また、専門型は総合型に比べて規模が小さいこともあり、転職者の数も総合型程の数ではないので、転職者1人1人に対して使える時間も多いため、効率よりも利用者の満足度を優先させているキャリアコンサルタントが多くいると感じます。

しかし、その特化している業種以外は極端に弱くなりますので、業種を絞り込めていない方は、いきなり登録することは避けるべきでしょう。

 

理解はしているとは思いますが、すべての転職エージェントが前述したものに当てはまる訳ではないので、注意して下さいね。

実際のところは、どのようなキャリアコンサルタントが担当としてつくのか、が大きく影響してきますので、まず登録をしてみないと分からないことは多いはずです。

業界(専門)知識があるキャリアコンサルタントでもお話ししていますが、キャリアコンサルタントによってあなたの転職活動は大きく変わります。

 

すべてを転職エージェントに任せるべきではない

冒頭にもお話ししましたが、転職エージェントは有料です。

転職者は支払う必要はありませんが、営利目的で運営されているのが転職エージェントですので、利益の大きいところに焦点を当ててしまうという欠点もあります。

あなたに紹介している企業がA社とB社の2社あったとして、B社の方が転職エージェントに取って利益が大きければ、例えあなたに合っているのがA社だとしても、利益を優先してしまいB社を薦めて来るキャリアコンサルタントもいるということです。

キャリアコンサルタントとしては営業成績にも関わって来ますし、転職エージェントの会社としても利益が大きい方を優先しろということになるからですね。

ですから、あなた自身がその辺りを意識して自分に合っているのは、A社だと主張することも必然的に必要になってくるのです。

 

また「応募を今日で締め切る予定だから、応募するなら今しかありませんよ」など、転職者を焦らせたり煽る行為をするキャリアコンサルタントにも気を付けて下さい。

こういう会社は、あなたに取って良い転職先を紹介するのではなく、転職エージェントに取って良い転職先を紹介してくることは間違いありません。

 

ハローワークのような無料でサービスを提供しているところとは、こういう面で似て非なるものですので、意識しておく必要があります。

転職活動のすべてを転職エージェントに任せるのではなく、あなたの意見や考えも踏まえて判断をするということを忘れないで下さい。

決して、転職エージェントのキャリアコンサルタントの言いなりにだけは、なってはいけません。

 

転職エージェントを選ぶには

  • どの転職エージェントを選べば良いのか。
  • いくつの転職エージェントへ登録すれば良いのか。
  • 総合型の転職エージェントと専門型の転職エージェントどちらに登録をすべきなのか。

これらのことを詳しく知りたい場合は、こちらのどの転職エージェントを選べば良いの?を読んでみて下さい。

 

転職を成功させるには、転職に失敗する人は転職エージェント選びに失敗しているで言っているように、あなたに合っている転職エージェント選びを成功させることが先決です。

人事バカは、求人が多ければ良いとも思いませんし、大きい会社だから良いとも思っていません。

最も重要なのは、求人とキャリアコンサルタントの質です。

 

これさえクリアしていれば、例え時間がかかったとしても、あなたにマッチした転職先が見つかることでしょう。

人事バカが独自に転職エージェントのランキングを作っていますので、こちらの 転職エージェントの人事バカランキングを参考にしてみて下さいね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ