場の空気をコントロールできる人材は好まれる

転職活動で採用されるためのポイントというのは、細かいところまで挙げるとキリがありません。

様々ある要素の中でも重要とされているのは、面接に関してのことでしょう。

 

転職活動を行う場合、多くの転職希望者が面接対策に時間を割く傾向があります。

立ち振舞いや視線、姿勢や声のトーンなどの面接対策の要素は、非常に多く存在しているのです。

 

しかし、その中でも採用される可能性が高くなる要素というのは、その場の空気を自分の思い通りにコントロール出来るかどうかだとされています。

コミュニケーションスキルの中でも、場の空気をコントロール出来る能力というのは、最上級のスキルです。

場の空気を変えることが出来れば、自分の中では普通にしているだけなのに他人に注目されたり、好かれたりと好印象を残すことが出来るようになります。

 

あなたのみならず、周囲で生活している方達も、本音と立前を上手に使いながら生きているものですね。

本音の部分は、とくにそれがネガティブなものであったり批判的なものである場合、ひた隠しにすることが多いものですが、その実、確実に心の中では思っていることなのです。

いくら体裁を整え、本音の部分を隠したところで、必ず身体のどこかにそれが現れると言われています。

 

これをしっかりと観察し、読み解くことが場の空気を読むために必要なスキルなのです。

例えば面接官の表情はもちろん、貧乏ゆすりをしていないか。

鼻や口元を頻度よく触っていないか。

相槌のタイミングが早すぎないか。

女性ならば、髪の毛の先を指先でくるくるといじったりしていないかなどなど。

 

これらのアクションには、退屈をしているとか飽きている、他にも嘘をついているといった意味が隠されています。

退屈を感じている相手に対して、同じ話を延々と続けることは、空気が読めていない証拠です。

空気が読める人材は、これを観察し、例えば退屈をしている相手であれば刺激の高い言葉をぶつけ、話しに興味がなさそうであれば話しを変えたりする。

まずは観察があって、相手やその場がどういう空気であるのかを読むことが出来るようになるのです。

 

面接の短い時間で空気を変える何てできるのか?という疑問もあるかも知れませんが、空気を変えるのには時間は関係ありません。

空気をコントロールできる人材は、一瞬にしてその場の雰囲気や空気感を180度変えてしまうからです。

 

それでは、空気を読める(空気をコントロールできる)人材が何故、企業から欲しい人材となるのか、どういった時にその威力を発揮するのか、そして空気を変えるにはどうすれば良いのかなどをお話しして行きたいと思います。

 

集団面接時に大きな力を発揮する

場の空気をコントロール出来る場合、最もその効力が高まるシチュエーションがあります。

それは集団面接のような場面。

 

特に大手企業などの一次面接のシチュエーションにありがちですが、ライバルの多くは緊張と失敗したくないというプレッシャーから、暗い雰囲気だったりピリピリムードという場合がほとんどでしょう。

そういった場面に立たされたとき、その場の空気に呑まれてしまい周囲と同じような状況になってしまっては、あなたの良さは面接では全く相手に伝えることはできないでしょう。

 

こういった場面でも、一人だけリラックスして、表情も明るく、柔和な感じであればどうでしょうか。

面接官からしてみると周囲とは全く違い、ピカピカと輝いて見えることでしょう。

こうやってみると、場の空気をコントロールするというのは、そんなに難しいことではありませんよね。

 

面接対策で得たであろう姿勢や会話のスピードやトーンから表情などに気を付け、周囲に流されないことを意識すればいいだけなのです。

ただし、これがなかなかに難しい。

 

自分では対策通りに行っているつもりでも、高い緊張感と雰囲気に流されないようにするのは難しいものです。

何度も本番を意識した面接対策を繰り返し行いましょう。

これは場の空気を読むための初歩中の初歩になりますが、出来るに越したことはありません。

 

どうして場の空気を読める人材が重宝されるのか

場の空気をコントロール出来たり、読める人材をどうして企業は欲するのでしょうか。

やはりビジネスは人と人とが関わり成立することが多いからです。

 

利益を得られるのであれば、人間性に問題があろうと、一緒にいることに嫌悪感を感じようと、ビジネスだと割り切ることは出来るでしょう。

しかし、同じ利益が上がるなら、好印象を抱いている方とビジネスをしたいと思うのは当然ではないでしょうか。

 

また立場や状況をわきまえず、自分のペースで商談などを進めていくのは好ましいことではありません。

ここぞのタイミングでプッシュしたり、まだ勝負時ではない時には、仕事の話は置いて世間話や興味がありそうな話題で場を和ませるといったことも、場の空気をコントロール出来る方なら実行可能なのです。

 

また一緒に働くことを考えてもそれは同じこと。

こちらが今何をしようとしているのか、どういった気分なのかを読んでくれ的確なアクションを起こしてくれる人材の方が、誰もが重宝しますし一緒に働きたいと思うことでしょう。

 

現代では少子化の影響や、個人主義の傾向から空気の読めない人材が多いとされています。

一概にこれらだけが原因とはいえませんが、兄弟もなく家庭内で自分が王子様やお姫様のように大事に育てられ、自分の思うように生活が出来ていたという環境だったため、場の空気を読む必要がなかった可能性が高かったわけです。

 

KYという言葉が生まれて随分経ちますが、やはり空気が読めない人材は、集団の中では浮いて見えますし協調性がないと判断されることが多い。

だからこそ、空気をコントロール出来る人材を企業は欲するのです。

 

空気をコントロールするコツ

これまでを見ていただければ、ある程度に空気をコントロールするためのヒントのようなものは大体つかめているでしょう。

ポイントになってくるのは、周囲をしっかりと観察し、状況を把握することです。

 

いくらあなたの言っていることが正論だったとしても、場とタイミングを間違えると場の空気を壊すだけの失言になってしまいます。

正論も暴論や失言に変わってしまうことは忘れてはいけません。

何が正しく、何が間違っているのかも、場の空気とタイミングで真逆になるケースも少なくありませんから覚えておきましょう。

 

更に気をつけるべきポイントは、言うべき相手が正しいのかどうか。

例えば、課長というクッションをおいて部長に報告をしてもらうのがベストなのか、部長に直接伝えるのがベストなのかは、内容によって違ってくるものです。

 

また、その相手にマッチした適切な表現を使っているかも事前に確認をすることが重要です。

同じ内容を話しているにも関わらず、相手が全く自分の意図とは違う受け取り方をしているケースは少なくありません。

 

こういったことが起こるのは、言葉遣いや表現方法が適切ではないからです。

プライドの高い上司に対して、間違いを指摘したり、否定的な意見を言えば、そのまま反発されることでしょう。

 

こういった場合には、現状を受け入れ提案をするといった表現をする方が、場の空気にはマッチしているのです。

このためには、表現のボキャブラリーを増やすため、本や新聞などを読んでおく日々の努力が重要になります。

 

最後にタイミングを逃さないことです。

自分が気づいたことや感じた感情は、なるべくその場で表現することが好ましいとされています。

寝かしておくと、今現在のニュアンスとかけ離れた表現しかできなくなってしまう恐れもあるからです。

 

これらのポイントを押さえていれば、場の空気をコントロールすることは意外とたやすく行えるようになります。

集団が形成されると、ある程度の役割分担は自然と決まることが多いもの。

自分の役割をしっかりと理解して、期待通りの役割を演じることも場の空気をコントロールするためのポイントだといえるでしょう。

 

究極のことを言ってしまうと相手を想いやる気持ちを持つということです。

??の方は、自分自身で考えてみて下さいね。

どんな行動を取ろうが、どんな発言をしようが、これが根本にあれば空気を悪くしたり雰囲気を悪くすることはないですよね。

 

ちなみに、以前にも場の空気に付いてお話ししたことがありますので、空気を読めたり変えることができる人材は人事が好むを参考にしてみて下さい。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ