あなたの希望年収と提示された年収の差を埋める方法

転職活動をされている方の多くが、年収アップを期待していると思います。

ですが、現実では全員の年収がアップしているわけではありません。

実際には、希望している年収よりも大きく下回った転職を余儀なくされている転職者も多く存在するものなのです。

 

それは何故なのか?

希望年収と適正年収に差があるからですね。

 

自分自身の希望している年収は、自分の能力に見合っていると言えるのでしょうか?

いくら俯瞰的に自分を冷静に判断したところで、自身のキャリアや能力から適正年収を判断出来る方はほぼ皆無といえるでしょう。

 

転職の際には大体このくらいという自身の希望年収を持っていると思いますが、実際に転職希望先から提示される年収とには、差があるもの。

これが自分の希望よりも多ければ問題ないでしょうが、冒頭でもお話ししたように、実際には希望年収よりも低かったという経験されている方がほとんどです。

 

本当にこれはよくある話であり、特に個人レベルの転職活動をなさっている方には大きな悩みの種とも言われています。

ここでは希望年収と提示年収の差を埋める方法を紹介していきましょう。

 

自身の年収基準はどうやって設定するか

まず希望年収と提示年収の差が云々という前に、希望年収をどのように設定すべきかが重要となります。

まず基準値にして欲しいのは、あなた自身が社会人になり、正社員として一番最初に仕事をした時に得た年収です。

転職活動をしているということは、当然に前職を経験していた、もしくは現在進行中でしているわけですから、まずはその年収を基準値にするべきでしょう。

 

特に同業他社への同業界内での転職の場合には、ある程度の経験を積んでいるわけですから、現在の年収よりも高く設定をするのが通常です。

異業種転職の場合でも、ある程度の業界や職種の相場というものは、転職エージェントを中心として情報収集をすることが可能ですから、是非活用してみたいところ。

 

使えるものはフルに活用して自身の市場価値を見極め、それにマッチングした希望年収を設定するようにしましょう。

 

企業が提示する年収はどうやって決まるのか

一方で企業が転職希望者に提示する年収はどのように決定されるのか。

まずはその企業の経営状態が影響します。

いくら優秀な人材であり、高額の年収を提示したくても、利益が上がっていなければ当然その売上以上の年収を支給することは出来ません。

 

更に転職希望者のキャリアと転職希望先に対して、利益をもたらしてくれそうだという高いポテンシャルによって決定されます。

例えキャリアが十分ではないと判断されても、ポテンシャルが高いと判断されれば、敢えて高い年収を提示されるケースも少なくないのです。

 

差が出た場合にはどうやって埋めるのか

希望年収の設定方法と、提示年収がどのようにして決定されるかが分かったところで、実際に希望している年収と提示された年収とに差があった場合にはどのようにすればいいのでしょうか。

個人レベルの転職活動では、直接希望先企業の担当者と交渉をすると、年収が上がるどころか悪印象を抱かせてしまい、採用されないといった心配もあることでしょう。

 

こういった場合でも、後悔を内心に抱きながら転職をするよりも、事前に交渉をすることをおすすめします。

事前と言っても面接の場で年収交渉をするなどは言語道断ですから注意して下さいね。

あくまでも内定をもらってからという意味ですから。

 

一番良いのは、転職エージェントなど交渉に長けた第三者を介して年収交渉をしてもらうことです。

 

そうすることで、まず経営状態が悪い将来性が微妙な企業の紹介はされません。

更になんとかキャリアやポテンシャルをアピールしてもらえば、希望年収になるべく近づけることが出来るでしょう。

 

そもそも自分が希望している年収が妥当な金額であるのかどうかを把握することも可能になります。

以前に希望年収を強気で提案したら不採用にされてしまった。

こんな経験がある方は、特に不採用にされるくらいなら敢えて自分が思う希望額よりも大幅に低く見積もる方が良いと考えてしまいがちです。

 

自分のことは自分が一番分かっていると思いがちですが、評価というのは自分以外の目線でなされるものです。

どうしても冷静な判断が出来ないのが、特に日本人という人種なのでしょう。

ですから、妥協しないためにも転職エージェントのような第三者機関を間に挟む方が得策といえるのです。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ