運転免許を持っていない人材の転職は不利になるのか

現在の若者は自動車の運転免許証を取得すらしない人も増えてきているとか。

そんな現代で、運転免許を持っていない状態での転職は不利になるのか否かといった疑問が挙げられると思います。

 

これは住んでいるエリアの交通事情などによっても左右されますし、一概には言えない部分はありますが、そういったものを除外して一般的に転職において運転免許を持っていないと不利になるのかをここでは紹介して行きたいと思います。

 

就くことが出来ない職業がある事実

運転免許がなくても、問題なく就くことが出来る職業は存在しています。

しかし、運送業や宅配業などを筆頭に、運転免許がなければ就くことが出来ない職業も沢山あることも事実です。

 

上記のような運送業や宅配業もそうなのですが、営業職に関しても、基本的には自動車を使った移動になりますから運転免許は必須になってきます。

更に建築関連や不動産関連でも移動が基本になりますし、仕事道具を運搬する目的でも作業車に乗ることが日常的ですから、運転免許は必須になります。

 

こういったことを考えた場合、運転免許がないというだけで、就くことが出来る職業の範囲は非常に狭くなってしまうというのが現状なのです。

 

社会的な証明として

他にも運転免許証というのは、運転をするための資格であると同時に自分という人物の証明書でもあるのです。

企業に転職すると考えた場合、社員一人を雇うためには、様々な書類を提出する必要が出てきます。

 

その際の証明書に以前に勤めていた会社の社員証を出す方はいないでしょうし、住基カードや健康保険証などでは写真も掲載されていないためにイマイチです。

公的な証明書である運転免許証があれば、自身を証明する証明書としても利用をすることが出来るのです。

 

例えば事務職などでも、会社に届いた不在郵便を免許証一つで取りに行くことが出来るという便利さがありますから、そういった意味でも運転免許を取得しているということは、社会的な証明書として転職に有利になると言えるでしょう。

 

免許がない方は

交通機関が発展していない地方都市などにおいては、運転免許がない場合に、出勤自体を行うことが困難であるケースが多いです。

また交通費を会社側もざっくりと算出することが出来るため、駐車場スペースが確保出来ているような地方エリアの企業であれば、マイカー出勤の方がコストを安く済ませることが出来るという企業側のメリットもあるでしょう。

 

このように見ていくと、運転免許がない方は、どうしても転職を考えた場合に不利になりやすいというのは事実です。

ただし、運転免許がなかったとしても、他にすぐれた技術力があったり、豊富な知識を有している、それを証明するような特殊な資格を取得しているといった要素を持っていれば、運転免許がない方でも転職が不利に働くことはありません。

 

現在、様々な職業の中で宅配業や物流業、運送業に就く人口が減少していっている状況が見られています。

大半の場合、一般的な職種ではなかなか難しいとされる年収500万円を超えるような高待遇の給与を獲得することが出来ますし、公共の交通機関であれば、公務員勤務となるため、年収は更に上がり、700万円や800万円という給与も獲得出来る可能性が上がるのです。

 

転職を考えているのであれば、ある程度の転職期間を設定し、運転免許を取得してから転職活動を始めてみるのも悪くないのではないでしょうか。

 

合宿免許などを利用すれば、ほんの数週間で取得することが可能ですし、掛かるコストも自身への投資としては十分すぎるほど安いと言えます。

取得をすることによって、選択出来る業界や職種が変わってくるのであれば、取得しておくことの方が自身に大きなメリットをもたらしてくれるのです。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ