どんなに優秀な人でも落ちる時は落ちる

あなたは、転職活動で面接に落とされた場合にくよくよしますか?

多くの転職者が不採用の通知を受けた時にショックを受けたり、塞ぎこんでしまったりしていますが、不採用をいちいち気にする必要はありません。

あなたの周りで、不採用になったことがない人はいますか?

いませんよね?

アルバイトの面接にしても、社員の面接にしても、落とされる時は落とされるものです。

それは、どんなに優秀な人材だったとしてもです。

 

面接は、あなただけではなく多くの転職者が、当然ながら受けることとなります。

その多くの面接者の中から、採用する人を選ぶ訳です。

人気のある企業の場合は、倍率2倍3倍レベルではなく、10倍以上にもなります。

 

応募者が多くなれば必然的に、あなたと同じようなレベルの方も多く受けることになりますので、面接官としても「良い人材なんだけど、この面接者の方が少し上かな~」など、かなり微差で合否を決めることは多々あるのです。

面接官のちょっとしたさじ加減ひとつで、結果が大きく変わる訳ですね。

微差で結果が変わるというお話しは、ミスをいかに少なくするかが鍵でも詳しくお話ししていますので、参考にしてみて下さいね。

 

この様に微差で落とされることも多くあるので、人事バカ的には、不採用となったとしても気にする必要はないと言っているのです。

冒頭でも話しましたが、どんなに優秀な人材であったとしても、同じようなレベルの面接者が集まれば、当然ながら落ちる時は落ちますよね。

 

結果をどう受け取るかが重要

落ちた、不採用となったこと以上に、そこであなたがそれをどう受け取るかが重要なのです。

ショックを受けてしばらく転職活動を進めることが出来なかったり、塞ぎこんでしまい、やる気が戻るまで転職活動をストップしてしまったりしていては、無駄な時間を過ごすことになります。

人事バカでは、今までも散々時間が大切、効率的に転職活動をすることは重要だとお話しして来ました。

誰でもあり得る【落ちる】ということを経験したからといって、時間を無駄にしてしまってはダメです。

 

「なるほど、そういう結果ね」「何が不足していたんだろう?」「不採用となった要因はなんだったんだろう?」と次へ活かすきっかけにしなければなりません。

先程も言ったように、微差で不採用となっていますので、その微差を埋めることが出来るように、修正すれば良いのです。

個人で応募した場合は無理ですが、転職エージェントを使っている場合は、キャリアコンサルタント伝えで合否が伝えられますので、ある程度の理由を聞くことが可能ですので、それを確りと分析しましょう。

もし、自己紹介の内容が薄すぎたのであれば、もう少し濃い内容に変えれば良いですし、目線や姿勢が悪いのであれば、ロープレをして徹底的にその辺りを修正して下さい。

 

この様に、微差を埋めることが出来れば、次に比較され微差で落とされるのは、あなたではないはずです。

転職活動序盤に面接を受ける時には、自分の良くない箇所を知るために来ているという感覚で、挑んでも良いかも知れません。

そして、徐々にその改善点を把握して行き、修正することで、この様なことをしていない転職者に大きな差を作ることが出来るようになるのです。

 

失敗から学ぶ

大きな成功を収めている人は、その成功を収めた分野において誰よりも失敗を重ねているのです。

多くの失敗から学び、成功を手にします。

面接でも、一番最初から成功を求めてしまうから、ショックを受けてしまうのです。

失敗から学ぼうという姿勢を持っていれば、ショックを受けることもないですし、次に活かして成功を勝ち取ることができます。

優秀な人材でも落ちる時は落ちますが、その優秀な人材が失敗から学べば、誰もその人を越えることは出来なくなるでしょう。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ