転職は家族の理解も必要

転職活動をする場合、独身者であるなら自分の思う通りの行動を起こすことが可能です。

ただし、既婚者であり、お子さんなどの存在があるような場合には、転職活動で気をつけるべきポイントは、独身者の場合とは変わってくることを意識すべきでしょう。

 

ご家族が存在している場合、例え生活費の全てをあなた自身が稼いでいる状況だとしても、自分が思い立ってすぐに行動に移すのは大きな間違いです。

家族という共同体の中に属しているわけですし、家計を支えているからといって、あなただけの所有物ではない(あなただけの問題ではない)ことを意識しましょう。

 

  • 転職をしようと考えていること
  • どういった理由があって転職をしようと考えているのか
  • 将来のキャリアパスや人生観

このようなことは少なくともご家族に打ち明けて相談をすべきですし、了承を得てから行動を起こすべきでしょう。

 

男性と女性とでは、人生観などが違っている場合が多いですし、男性では気がつかないことでも、女性ならではの視点で気がつくことも沢山にあります。

あなたにとってどうでも良いことが、妻にとって、子供にとっては、大きな変化になることかもしれませんから、それを気づくためにも、事前の相談は必ず行いましょう。

 

住居を移動しなければならない場合

特にご家族に相談した方がいい状況は、住居を引っ越す必要がある転職の場合でしょう。

環境の変化は、家族に大きな負担をもたらすものです。

 

特に小さなお子さんがいらっしゃる場合、転勤族でもないのに、学校が変わったりといった環境の変化を強制的に起こすことになります。

多感な時期に新しい環境に変わり、友人を一から作り直さなければならない大変さも想像したいところですね。

 

また学校への転校手続きなど、様々な事務的な手続きが生じることになります。

これをあなたが全てやるのであれば問題ないでしょうが、新しい職場に早く慣れたいということもあるでしょうし、煩わしいものは全て奥さんなどに任せるのではないでしょうか。

こういったものもかなりの負担になりますから、事前の相談をするのは当然ですね。

 

精神的負担が大きくなるケースが多い

一家の大黒柱が転職を行うということは、家族には精神的な負担が大きく掛かるものです。

本当に新しい職場でやっていけるのかはもちろん、前職よりも待遇面では上になるのかなど。

 

これは転職者本人はもちろんですが、それ以上に家族も感じている不安なのです。

それを相談もせず、勝手に転職を決め、勝手に転職を実現してしまった場合ではどうでしょうか。

 

相談をした通常の転職活動でも不安が高いのに、それ以上に高い不安を抱かせることになり、精神的な負担は非常に大きなものになってしまうのではないでしょうか。

 

結果として離散するケースも…

結果的にあなたはもちろん、ご家族も転職をしたことで、幸福感を感じてくれれば良いのですが、悪い結果になってしまった場合には、全ての責任があなたに向けられる可能性も高いです。

結果として、何の相談もせずに転職をしてしまった結果、一家離散という憂き目に遭っていらっしゃる方も存在しています。

 

自分の人生だから勝手にするというのでは、家族を持っている立場としては、随分と無責任な考えでしょう。

後々にトラブルに発展したり、憂き目に遭わないためにも、しっかりと事前にご家族には相談をしておきたいところです。

 

奥さんにばかりではなく、お子さんがいるのであれば、いくら小さなお子さんであっても、しっかりと意見を聞いたり相談をすべきでしょう。

新しい環境で生活をスタートさせる場合、本人が最もプレッシャーを感じるものでしょうが、家族の理解を得ているのとそうでないのとでは、まったく違ってくることを覚えておきたいですね。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ