第一志望の企業に落ちる恐怖をかき消す3つの考え方

「私には目標があるので○○会社へ入社したい」

「○○会社で働くことが夢です」

などと、会社ありきで転職活動をしてしまっている方をたまにみかけますが、これは止めた方が良いですね。

転職をする時は、会社ありきではなく、あなた自身の考えありきで挑んだ方が、多くの計画を立てることが可能になりますのでお勧めです。

 

例えば、上記のように入りたい企業を決めてしまうと「第一志望の会社に落ちたらどうしよう」と不安になってしまいますが、入りたい企業ではなく、やりたい事で会社選びをしていると、例え第一志望の会社に落ちたとしても割り切って次の違う会社へ挑戦することが容易になります。

あなたの目標や夢の焦点をどこに当てるのか。

それが重要だということですね。

 

前述した「第一志望の会社に落ちたらどうしよう」という不安を持つということに関して、この様な考えを持つこと自体が問題なのです。

問題点としては、下記の3つ

  1. 目標や夢に対する焦点
  2. 企業ありきの姿勢
  3. 転職計画の甘さ

 

ひとつひとつ何が問題なのかを見て行きましょう。

目標や夢に対する焦点

「A社へ入社して化粧品の企画開発をしたい」という目標をあなたが持っている場合は、A社から不採用を受け取った時点で、その目標は達成出来ないものになります。

それは本当にA社でなければいけなかったのでしょうか?

化粧品の企画開発であれば、他の会社でもすることは可能ですし、あなたがA社にこだわっている理由は何なのでしょう。

 

その目標設定に至るまでには、それなりにあなたの考えや想いがあったのだと思いますが、少し焦点を変えるだけで大きく目標も変わって来ますし、その目標を設定した、そもそもの目的があるはずです。

実は、その目的を達成することが一番重要だったりもするのです。

常に柔軟な考えを持ち、目標や夢はその時期、時代に合わせて変化させていくのが望ましいですね。

 

企業ありきの姿勢

前述しているお話しの延長線上にあることですが、転職を考える際に「A社に入りたい」「B社に入りたい」と企業あっての転職だと、その企業から戦力外を伝えられた瞬間から、あなたは目標を失います。

もちろん憧れの企業があるのは分かります。

しかし、入社することだけを目標にしていると、その後の展開が見えづらいので、まずは何をしたいのか、やりたい事を決めてから転職活動に入るべきです。

 

企業は、あなたの目標や夢を叶える為に存在している訳ではないのです。

あなたの目標や夢を叶える手段として企業を使うことは良いですが、その企業へ入る事自体を目標や夢としてはいけません。

企業ありきの姿勢ではなく、あなたの目的ありきで行動してみて下さい。

 

転職計画の甘さ

「A社に入って働きたいから転職をする」

もちろん、その気持も分かります。

ですが、これだけ多くいる転職者の中から内定者を絞っていく訳ですから、あなたの希望する企業1社のみに応募をして、その1社から内定をもらうことは並大抵のことではありません。

景気が上向き求人数は増加傾向にありますが、企業側は入り口は広く持っていますが、出口は限りなく狭いのです。

企業は転職者に即戦力や、マネージメント力を求めており、より優秀な人材を追い求めています。

 

あなたはそんな厳しい状況の中で、1社しか応募しないのですか?

無謀の言葉しか思い浮かびません。

 

また、転職において計画は不可欠です。

その計画を1つしか立てずに挑むのではなく、2つ3つと代わりの案を持っているべきなのです。

1つがダメなら次の案と、続けて行ければ効率的に転職活動を進めることも可能になります。

 

ビジネスの世界でもそうです。

計画を1つしか用意せずに、挑むようなことはしないですよね。

これがダメなら、これで行こうなど、普通は考えているはずです。

仕事でそれが出来ているのに、人生の岐路でもある転職で、それが出来ていないのは何故でしょうか?

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ