女性は出産や育児休暇も視野に入れて転職する

女性が転職活動をする場合、男性の場合とは違うポイントもしっかりと加味して転職先企業を決定する必要があります。

それは結婚や出産、育児といったものを意識することです。

 

転職したいと思っている今現在、あなたの中でまったく結婚をする予定や意志がなかったとしても、将来的にどうなるのかは全く分かりません。

結婚をしても子供は産まないと思っている方でもその青写真通りに行くかは分かりませんし、逆に結婚を機に家庭に入ると決めていても、復職をせざるを得ない状況に変わってしまうことも十分に考えられるのです。

 

そもそも結婚の意志はありませんとあなたが主張したところで、多くの企業は女性の人生設計については結婚をし、出産や育児をするといったこと前提に採用する傾向があるもの。

男女平等であるとか、女性が活躍出来る世の中などと言われていますが、まだまだ現場は男性が有利に働けるような体質といえるでしょう。

 

ですから、将来の人生設計で結婚や妊娠、出産、育児といったイベントをある程度に考慮し、復帰が出来る環境が整っている企業をなるべく選ぶべきなのです。

 

復職が難しい理由

まず出産前にフルタイムの仕事をしており、出産と育児のために仕事を辞めたという女性の比率は、全体の43パーセントにも登っているということ。

このことはつまり、制度上では認められている企業が増えたとはいえ、出産を控え、会社に籍を置き続けられる環境がまだまだ整っていないことを意味しています。

 

仕方なくフルタイムの仕事を退職するわけですが、その後、復職を目指し、懸命に転職活動をしても、特にフルタイムでの復職というのはかなり困難だと言われています。

なぜ出産後の女性の復職がここまで困難であるのか。

 

最大の理由は、やはり小さなお子さんの存在と核家族化による影響だとされています。

まだ一人で留守番も出来ない小さな子供を一人にして仕事に行くことが出来ないのは当然。

その上で近場に両親や親類など、子供の面倒を見てくれる存在がない。

更に保育園などの施設に預けようにも待機児童が一杯でいつ入園出来るかわからない。

 

無認可の施設を利用するにも、高額なコストが掛かるため、その施設に預けるために仕事をしているような感覚になり、それなら育児に専念した方がマシと思ってしまうといったことが挙げられます。

よしんば認可の保育園に預けることが出来たとしても、体調が悪くなったり、怪我をしたとなれば、呼び出され、転職した企業のためにフルタイムで働くことが出来ないという状況になるのは普通にあることです。

 

育児休暇などが認められていても、職場の環境によっては、その権利を行使出来ないような状況というのが現実なのです。

ですから、女性が家庭と仕事が両立出来る環境をしっかりと整えられている転職先を結婚や出産などの前に選択しておくことが重要といえるでしょう。

 

女性に優しい企業の共通点

過去に産休や育休を取得出来た企業情報をリサーチするのは当然ですが、リサーチする前にも確かめる方法があります。

それは女性社員の雇用率です。

 

特に女性の役員や管理職の数が多ければ多いほどに、家庭と仕事の両立が出来やすい環境が整っているといえるでしょう。

日本企業がまだまだ後進的だとされているのは、こういったデータを集めた時、上位に入るほとんどの企業が外資系企業であるということからも判断出来ます。

 

看護師を始めとする人材不足傾向が高い業界の士師業でも職場によっては、全く対応が違っていますから、しっかりと事前にリサーチをしておきましょう。

業界としては、介護事業関連や化粧品メーカー、銀行などの金融業界、百貨店などが女性の復職がしやすい環境が整っているといえます。

女性の転職の場合は、こういった目線からも転職先企業の選定をすべきだということですね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ