根本的に転職は悪いこと?良いこと?

以前の日本社会と比較して、現在では転職をすることが当たり前に思えるような時代になっていますね。

一昔前までは、石の上にも三年だとか、終身雇用制なんて制度がまかり通っていたこともあり、就職すれば定年まで勤めあげることこそが美徳といったような考えがありました。

 

しかし、終身雇用制や年功序列なんてものが、現在の社会ではほぼ崩壊しつつあり、会社からクビを切られることをビクビクとして待つのではなく、こちらから自分という人材を欲する企業へと転職しようという考えがスタンダードになりつつあります。

時代の変化はあるものの、転職について、そもそも良いことなのか悪いことなのかといった疑問は、転職希望者のみならず社会人の方の多くも抱えている悩みの一つです。

 

転職は、そもそも良いことなのか悪いことなのかをテーマにお話しをして行きたいと思います。

 

逃げて何が悪い?

よく給与面での不満や拘束時間の長さ、他にも職場の人間関係などを理由にして転職を希望する場合には、逃げの転職と言われ、あまり良い顔はされず悪い転職とされています。

しかし、これらのことは企業を評価する上で非常に重要なポイントなのです。

 

つまり、不満があるからこそ転職を希望するということは、それだけその会社に愛情を持つことが出来ないことになります。

愛することが出来ない会社に籍を置いても、会社のために貢献することは出来ないでしょう。

我慢をすることに何の意味もないのです。

 

逃げの転職をして何が悪いのかということ。

これは単に企業や採用者側の都合であり、一種のマインドコントロールとも言えるでしょう。

転職に逃げの転職などというものはなく、より良い環境を求めて転職を希望するわけですから、見方を変えれば良いこととも捉えることができるのです。

 

転職先の決め方こそが問題

単純に職場環境や待遇面への不満を持ち、どこでもいいから転職するというのは悪いこととはっきり言えます。

会社を辞め、転職を希望すること自体は前述にある通り、ある意味良いことですし、環境を変えたいという前向きな気持ちが感じられます。

 

しかし、前述のような次の転職先の決め方が適当だと、悪いことと言うよりも転職に失敗してしまうケースが増えるでしょう。

これを繰り返すことによって、どの会社でも長続きしない、あまり魅力を感じない人材としての印象を採用者側に抱かせてしまうのです。

 

転職が良いことになるのか、悪いことになるのかは、次の転職先の選び方によって変わってくると言っても過言ではありません。

前回の転職で失敗したのだから、次の転職先は慎重に選ぶべきだと考えられるかどうか。

これこそがポイントになってきます。

 

しっかりと次の転職先を、目的を以って決めることが出来れば、転職が悪いことなどにはならないはずなのです。

 

このままだとダメになるという気持ちを信じること

ネガティブベースの転職は悪いことと思われがちです。

しかし、このままこの会社にいたら、自分はダメになるという気持ちは非常に重要なことであり、全くネガティブではありません。

 

この部署でこんな仕事がしたい、こんなことを覚えたいと思っているけれど、全くそれを行うことが出来ない状況にある場合、それが出来ない分、自分が描く将来像にいつまでも近づくことが出来ないですし、結局、転職市場での人材価値も下がることになるわけです。

これをネガティブと片付けてしまうのは、あまりに企業側の身勝手と言わざるを得ません。

 

したいことが出来ないのに、いつまでも我慢をし、順番を待っているだけではあまりに他力本願でしょう。

一般的に言われている後ろ向きな転職は悪いことというある種のマインドコントロールは信用せず、このままこの会社にいたらダメになるという素直な気持ちに従って転職するのは、悪いことでも何でもないことなのです。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ