スペックが高ければ高い人材ほど転職はすべきである

スペックが高いのは何もコンピューターばかりではありません。

人材に関してもスペックの高い低いは存在しており、こと転職市場においては、高スペックな人材は重宝される傾向が高いのです。

 

高スペックな条件を揃えている人材なら、やはりそういった人材こそ積極的に転職をしていくべきとも捉えることができます。

転職を実現させるたびに、給与などの待遇面は高くなりますし、任される仕事の濃さや、ステータスレベルも高くなっていくというのが一般的です。

 

高スペックな人材の条件とは

高スペックな人材は、どういった要素を持っている方なのでしょうか。

一般的に言われているのは、この人がいなくなってしまったら、職場が回らないといったような条件を満たしている方。

 

他にも退職されてしまうと、職場の雰囲気が悪くなってしまったり、営業成績が完全に落ちてしまうといったような企業の痛手になるような条件を揃えている人材といえるでしょう。

ただこれでは漠然としていますから、より細かい条件を紹介していきましょう

 

簡単に言ってしまうと頭の回転が早く、処理速度が早い人材です。

答えを導き出すまでの時間が早い。

他にも話の理解度などが早く、複雑な問題と対面しても、一瞬の内にどういったものなのかを理解出来る人材です。

 

複数のプロジェクトや仕事を同時進行で処理していくことが出来る、コンピューターでいうところのマルチタスクやクアッドコアなどの要素を持っている人材が高スペックと判断されることが多いでしょう。

 

目の前にある仕事の処理能力だけではない

コンピューターでも、単純に処理速度やメモリ容量、HDDが大容量といった環境が整っていても、出来る作業は限られています。

ポイントになってくるのは、外部ネットワークと通信環境ではないでしょうか。

 

インターネットに繋がり、様々な情報収集が出来る環境。

これは非常に大きなポイントになってきます。

 

自社の他部署などに豊富なネットワークを持っていて、何かあると、その部署の知り合いなどから、情報をつぶさに獲得することが出来る。

更にいえば、会社外にも独自の外部ネットワークを持っていて、それぞれの分野の専門家などから、仕事などに必要な情報を獲得することが出来るという独自の人脈があるもの。

 

本人は対してそれぞれの専門分野の深い知識やスキルは持っていないものの、いざとなれば、そのネットワークを使い、情報収集を即座にすることが出来るというのも、高スペックな人材の特徴です。

 

普通の人材とは違う目的を持つ

上記のようなスペックの高さを持っているという自負がある方であれば、転職活動は、攻めのスタイルでも十分に需要が高いはずです。

攻めの転職というのは、会社への不満や、職場の人間関係といったような外的な要因というものを理由にして行う逃げの転職と真逆の前向きな転職スタイルのことを言います。

 

高スペックな条件を持っている人材の多くは、管理職などの高ポストに着くための前向きな攻めの転職を行うものです。

一昔前の公務員などの転職のように、年齢を重ねてある程度会社に在籍していれば、管理職が巡ってくるというような、完全な年功序列型の人事を行っている会社は、現代ではほぼ皆無と言ってよいでしょう。

こういう時代の変化もあって、ますます高スペックな要素を有している人材には有利な転職環境が整っているのです。

 

ただし管理職などの高ポストで転職を実現させるためには、仕事の能力が高いレベルで備わっているというのはもちろんですが、人間関係においても優れた能力を有しておく必要があることは、忘れないようにしておきましょう。

様々な経験を経て、それを前向きに捉えて、紳士的に向き合って来た人材こそが、管理職などの高ポストに転職活動で迎えられることになるのです。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ