中高年の転職はハイクラス以外は厳しい

近年では、中高年層の失業者が増加している傾向が見られています。

その原因になっているのは、企業側の採用層の若年化による、中高年層の転職先の少なさでしょう。

 

年齢を重ねれば重ねるほどに、転職市場では需要がなくなるのは、以前と変わらない傾向です。

一応、法律では求人募集を掛ける際には、年齢制限や性別などの制限を設けてはいけないことになっています。

もしもこういった制限を設ける場合には、その理由をしっかりと明記することが義務づけられていますね。

 

ただし、年齢不問という言葉に、どれだけ翻弄されてきた高齢転職希望者が多いことでしょうか。

ルール上制限を設けていないというだけで、やはり採用側からみると、高齢な人材よりも、より長く働けるような若い年代の転職希望者を採用するのは、仕方ないことだといえるでしょう。

 

まず中高年以上の年齢に達してしまった場合、転職は若い頃のようにトントン拍子には進まないですし、募集出来る案件そのものが少なくなることを覚悟しておきたいですね。

とは言うものの、確かなスキルを持った人材や、専門職だったり、より専門性の高い職種で働いてきた中高年者の場合には、意外と転職市場では引っ張りだこだったりします。

 

ここでは中高年者の転職成功のコツについて紹介をしていきましょう。

 

どういった人材が求められているのか

まずどういった人材を多くの企業が求めているのかをしっかりと把握しておくべきです。

これは年齢などに関係なく、転職活動をする前にしっかりと把握しておきたい情報ですし、必要最低限の情報収集項目の一つと言えるでしょう。

 

いつの時代でも特に大手を中心として、スキルやキャリアのある人材は、いつでも欲しいという状況にあります。

つまり企業は人材を求めているのです。

ただし、当然に誰でもいいというわけではなく、条件を満たしている人材ならいつでも欲しいという状況になります。

 

多くの企業にとあるアンケートを実施し、身につけていて欲しいスキルを3つまで選択して欲しいという質問をぶつけました。

結果としてアンケートに参加をした企業の約55パーセントが、販売能力・営業能力と回答をしています。

 

更に40パーセントが企画力や発想力と回答。

次いでコストへの意識や財務センスといった能力を求めていることが分かっています。

 

このアンケートから予測出来るのは、営業職や販売職での専門的なノウハウやスキルを有している人材は、高齢者でも優遇される傾向が高いということでしょう。

まずは中高年の状態で転職成功を目指す場合、このように求められている人材像を掴むことから始めましょう。

 

社外で確保したいと思える人材像は?

一般的に企業というのは、在籍している自社の社員を研修などで能力開発・強化をしたり、配置転換などを行うことで対応したり、新卒者を徹底的に鍛え上げることで、自社が望む人材を確保しようとするものです。

こういったもので対応出来ない場合に、初めて社外の人材を中途採用枠で確保し、対処をするという選択肢を取ることがスタンダード。

 

この中でどういった人材なら、中途採用枠を設けてでも採用したいと思えるのかというデータが存在します。

多くの企業が顧客開拓のスキルを高く有した人材と回答しているのです。

 

医師などの士師業や研究開発職などの特殊な業界、職種で活躍してきた人材なら、あまり意識をする必要はありませんが、これら以外の一般職などで中高年者の状態で転職を考えている場合には、しっかりと押さえておきたい情報でしょう。

 

顧客開拓の次に、システム開発や管理、運用に精通をしている人材。

新商品の開発や新技術の開発などに高いスキルを持つ人材という風に企業が求める条件は変わってきますから、把握しておきたいですね。

 

この新規顧客開拓という要素には、その時代のそれぞれの企業の方向性もしっかりと把握してきたいところです。

現在では、国内市場にはある程度に見切りをつけ、諸外国へと視線を向けている傾向が強いもので、グローバル市場に対しての鋭い感覚を持っている人材であれば、いくら定年間近という年齢であっても、両手を挙げて歓迎してくれる企業も少なくない状況になります。

 

新しい技術や新しい視野についていける人材。

またそれ以上に先を見通せる人材は、年齢には関係なく、企業が欲する人材像と言えるでしょう。

ですから、一概に中高年だから転職は厳しいとも言えないということですね。

 

ハイクラス求人に応募できるキャリアを

求める人材像は、これまでを読んでいただければ、ある程度つかめたとは思います。

しかしながら、これらを把握していたとしても、転職成功に導ける状況が他の若い世代と比較をすると、遥かに厳しい状況であることに変わりはありません。

 

やはりある程度に年齢を重ねてからの転職には、大きなリスクがあるという現実だけは、しっかりと頭に入れて転職を決断しましょう。

ポイントはハイクラス求人と呼ばれる、応募条件に高いハードルが課せられている求人になります。

 

ハイクラス求人なら、高いポジションが約束されていますし、待遇面もそれ相応なものが多いものです。

条件の中で多く見られているのは、その業界や職種の経験年数など。

つまりこういった条件を加味した場合、必然的に年齢が中高年以上に達する案件が多いのです。

 

様々なハイクラス求人の応募条件をチェックし、自身がその条件を満たしているのかどうか。

また転職をするにあたり、条件を満たすための努力を行うことも、転職成功のコツとして挙げられるでしょう。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ