企業により求められる職歴や経歴、学歴は違う

転職活動をしている方は、どうしても採用を勝ち取りたいと思っていることでしょう。

そこで重要になってくるのが、企業は転職希望者に何を求めているのかということです。

 

例えば、ある業界ある職種の業務経験の豊富さを重要視していると考えている方もいれば、豊富な知識こそ重要だと唱える方もいらっしゃいます。

更に、やっぱり取得資格の多さが転職の際にはモノを言うという方。

新卒者や第二新卒者の状態ならば、学歴ではないのかと考えている方もいらっしゃることでしょう。

 

結論から言えば、このどれもが正解ですが、不正解でもあるのです。

つまり、学歴を最重要とするのか、知識が豊富な人材が良いとするのか、はたまた経験こそが最重要と捉えるのかは企業によって見解が違っているということ。

これを忘れてはいけません。

 

ここでは企業によって求められる重視ポイント(経験・知識・資格・学歴)の違いを紹介していきましょう。

 

経験を重視する企業とは

経験を重要視する企業の代表格といえば、やはり外資系企業でしょう。

外資系企業への転職を望んでいる方であれば、経験を積み、経験が豊富であるということをしっかりとしたレジュメを作成することが重要になってきます。

 

これは外資系企業の特徴を把握していれば、自然と予測出来ることでしょう。

外資系企業が経験を重要視するのは、職務分担書が存在しており、それぞれの社員の権限と責任の所在がしっかりと明瞭な状態になっているからです。

 

それぞれの個人が任された職務を全うする必要があり、日本企業のように曖昧ではないのです。

仕事に対して、どれだけの成果を上げることが出来たのか。

また、与えた仕事以上にどれだけの仕事をこなしてくれるのかによって評価が変わります。

 

日本企業のように年功序列や経験がないから先輩について少し学べばいい、というような甘いところではありません。

ですから、実力主義である外資系企業が、社会人としての経験や求めている職務に対しての経験を何よりも重要視するのは当然のことと言えるでしょう。

 

知識を重要視する企業

知識を重要視する企業が多いのは、メーカーや製造業、技術職といったジャンルとなります。

これらのジャンルの仕事は、いわゆる専門職になりますから一般職のようにある程度の研修を行えば業務に必要な知識を獲得出来るという簡単なものではありません。

ですから、特に新卒者の就職活動ではなく、中途採用の転職活動ですから、最低限知っていて欲しいという知識量は押さえているべきという考えがあります。

面接などでも専門用語などが飛び交う可能性が高く、しっかりと対策をしておきたいところです。

 

資格を重要視する企業

資格を重要視するのは、士師業などの専門職でしょう。

不動産業界であれば、宅地建物取引士や貿易関連の業界なら通関士。

外資系企業などであればTOEICスコアは、ある程度の語学力としてスキル判断の指針になりますから重要視されるでしょう。

 

業界別に、重要視されたり転職成功に導きやすい資格というのは、大抵の場合は共通していますから、自身が行きたいと思っている業界や職種に必要な資格はしっかりとリサーチしておく必要があるでしょう。

 

学歴を重要視する企業

よく募集要項を見ると、学歴不問と書かれていたり、企業のアンケートなどでも採用に学歴は関係ないといったことをあげているところを見かけます。

しかし、大学名などは信頼性においての一種のフィルターになっているのも事実です。

同じ経験やスキルを持っているのであれば、やはり決め手となるのは大学の知名度を評価の一端とする傾向は強いです。

 

企業というよりも、職種によって学歴を重要視する傾向が見られており、一般職などの場合には学歴を判断基準にしている場合が多いのです。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ