企業が求める理想のリーダーとは

企業という組織だけに限らず、スポーツや芸術などの分野においても、常にそれら団体を引っ張ってくれるリーダーを求めています。

個人であれば、何もリーダーという存在は必要ありません。

自分自身がその能力を発揮し、結果を受け止めるしか方法がないからです。

 

しかしそれが組織となると、そういう訳にはいかなくなります。

リーダーとなる人材次第で、組織の明暗が大きく変化してしまうからです。

誰にリーダーを任せるのか、それはとても重要な決断となります。

たった1人ではなく、組織全体の将来がリーダーとなる人材次第で決定されてしまう可能性があるからです。

 

リーダに求められる能力とは何か

リーダーに求められる能力の第一は、企業などの組織を牽引することが出来る力を備えていることです。

いくらコミュニケーション能力の高い人材であり、組織全体をまとめる力があったとしても、その組織を推進することが出来なくてはどうしようもありません。

 

企業は常に、前進することを求めています。

現状維持ではなく、新しい商品を生み出し、新しい販売方法を開発しようと考えているのです。

いくら現在の経営が好調だからといっても、その好調がそのままずっと将来に続く保証はありません。

他企業との競争の中で、常に勝ち抜いていかなければならないのです。

 

様々なコミュニケーション能力

企業がリーダーに求める能力は、1つではありません。

あらゆる方面の能力を、兼ね備えた人材だけが組織のリーダーとして選ばれるのです。

 

その能力の中の1つが、組織をまとめるコミュニケーション力です。

個人個人では、才能ある人材が多く存在していたとしても、その能力を組織として発揮出来ないのではどうしようもありません。

 

才能や能力は、発揮されてこそ初めて、その組織の力となるのです。

コミュニケーションが取れない組織の中で、お互いが不満を持ちながら職務を遂行していたのでは、企業の推進力になることは愚か、衰退の一途をたどることにもなりかねません。

組織として力を発揮する場合には、その形態はどうあれ、まず統制が取れているかどうかが重要になるのです。

 

しかし、その組織をまとめるコミュニケーション能力にも、様々なパターンがあります。

  • 入社間も無い部下としてのコミュニケーション能力。
  • 入社後しばらく経験を積んだ中堅社員としてのコミュニケーション能力。
  • 組織を推進する役割を担った、リーダーとしてのコミュニケーション能力。

です。

 

リーダーに求められるコミュニケーション能力

リーダーとして求められるのは、あらゆる事業を推進する能力です。

それを行うためには、これまでに行ってきたことの改善、または新しいことへの挑戦が必須になります。

それらを出来るだけスムーズに、組織の連携を損なわないようにしながら行うのです。

 

コミュニケーション能力にも、様々なパターンがあります。

その能力は、組織の中の地位や役職によって大きく変化します。

一般社員としてのコミュニケーション能力であれば、自分と周囲との関係をただスムーズに保つだけで充分でしょう。

上司や後輩に挟まれた立場であっても、その地位での周囲との関係をスムーズに保つことだけを考えれば良いのです。

 

しかし、リーダーという立場になると、それだけでは不十分になります。

自分と周囲との関係をスムーズに保つことのほかに、その組織の中の関係全てについてもスムーズな関係を保つことに気配りをしなければなりません。

そして、その中で、組織を同じ方向へと牽引していかなければならないのです。

 

牽引力とコミュニケーション能力のバランス

個人と組織の大きな違いは、1人と多勢です。

能力のある人材が起業した個人企業であれば、たった1人であっても、それなりの経営が成り立つでしょう。

しかし所詮、個人というのは1人に過ぎません。

1人という人材で行える範囲は、狭く限られてしまいます。

 

しかし、それが組織となると、範囲は無限大に近く広がるのです。

しかも、組織の中には素晴らしい能力を秘めた人材も多く存在します。

それら人材の能力を出来る限り活用し、組織としての力を発揮させることがリーダーとしての役割なのです。

 

組織の中の一人ひとりとコミュニケーションをとりながら、能力を最大限に発揮させること。

そして、その組織をまとめながら一方向へと牽引していく能力。

その能力のバランスこそが、リーダーに必要な能力なのです。

 

コミュニケーションをとることのほうに重きを置き過ぎても、または牽引することのほうに力が入り過ぎても、組織としては充分に機能しなくなってしまいます。

 

企業が求める理想のリーダー

企業がリーダーに求めるものには、個人としての能力も多く存在します。

分析能力や企画力、または発言力やプレゼン能力も備えていなければなりません。

多組織との交渉力も必要となるでしょうし、決断力も求められることでしょう。

 

しかし最終的には、個人としての人格が問われることになります。

自身の発言や行動は勿論のこと、組織内の人材が行った、発言や行動についての責任を取る覚悟も必要です。

それら全てにおいて、適格と判断された人材だけが、リーダーとしての役職を与えられることになるでしょう。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ