子供がいる女性の転職は難しいか?

転職を希望されている方は多くいますが、その中で子供がいる女性の転職をここでは考えてみましょう。

一般的に言われているのは、子供がいる女性の転職は難しいのではないかという説です。

本当にお子さんがいるというだけで、転職活動は不利になってしまうものなのでしょうか。

ここでは、お子さんをお持ちの方が実際に転職に対して不利であるかどうかをお話しして行きたいと思います。

 

難しいことは否めない

既婚であり、お子さんが存在しているという環境は、転職をする場合に難しいということは確かです。

例えば、希望している転職先企業が、残業や休日出勤などが当たり前というような場合、まだまだ手の掛かる小さなお子さんをお持ちの方では不採用にされてしまう可能性が高くなります。

 

一般的に考えて、お子さんがいるいないに関わらず、企業が望んでいる労働条件を満たしてくれない人材を採用することはほぼないと言えるからです。

企業の要望を飲み、働くことが出来ると妥協してくれる人材の方が採用される確率が高くなるのは当然のことでしょう。

 

いくら育児休暇などの制度を充実させろという意見が世の中の風潮として盛り上がっていたとしても、それぞれの企業が設定している就労条件を満たさないと判断されれば、不採用にされる確率は高いのです。

実は結婚をし、既にお子さんがいるという女性以外にも、年齢が30歳をすぎた独身女性は、その後の結婚や出産の可能性を強く考慮されるため、なかなか転職市場においては価値が低いとされているとも言われています。

これは現実問題避けては通れない壁となるでしょう。

 

どんな職種が残業・休日出勤が多いのか

そこでまず、一般的にどういった業界や職種が、残業や休日出勤が当たり前に多いのかということを把握し、ある程度に転職先のターゲットを絞っておくことが重要になります。

まず既婚者子持ちという女性のみならず、若い年代の女性などにも人気が高いテレビ番組製作やマスコミ関連の職種、更に総合商社といった職種が残業や休日出勤が圧倒的に多いとされています。

 

人気が高く、ある程度の業界経験や専門スキルが必要ですから、そういったものがあれば転職に有利かとも思われがちですが、就労時間の自由度はかなり低い業界だと把握しておきましょう。

次に人材派遣会社や証券会社、不動産業界、コンビニエンスストアなどが挙げられます。

 

こういったものをあげると意外だと思われる方も多いでしょうが、あくまで正社員として働いた場合の就労時間です。

アルバイトやパート、契約社員といった人材を多く抱えるため、時間的に自由度が高いと考えがちですが、その分、正社員に対しての就労時間は厳しいという特徴があることを覚えておきましょう。

 

このように既婚子持ちという女性に対しての福利厚生などが充実していそうといった業界や職種、更に自由度が高いと思える職種でも正社員という労働契約の場合には、残業や休日出勤は多めになることを覚えておきましょう。

 

安心させることが重要

このように既婚子持ちという状態では、転職活動に不利になってしまうことは、どうしても否めない条件を持っているものの、仕事をしていく上で問題がないということをしっかりと転職希望先企業にアピールすることが出来れば、転職成功には導けます。

面接の際の雑談などの場面では、家庭やお子さんに対しての話が必ず出されます。

 

大抵の場合は、子育てや家事が大変でしょうといったような切り出し方ですから、そこで同意をしてしまうと、あまりいい印象は抱かれません。

しっかりと仕事をすることが出来るということを、前職を行っていた仕事と家庭を両立していた時の具体例などを出しながら、相手に伝え安心させるように心がけましょう。

 

それまでにキャリアを積んでおくことや面接対策をしっかりと講じておけば、既婚者子持ちでも多少のハンデはあるとしても転職を成功に導くことが出来るのです。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ