求人募集をしていない企業への応募に付いて

転職活動をしていて求人サイトや求人雑誌などをチェックしていても、行きたいと目をつけていた企業からの募集が全く見つけられないということは良くあることですね。

こういった場合、募集をしていないから自分には運がなかった。

採用のニーズが全くないから可能性がない、などと判断して最初から決めつけてしまうのは、非常に勿体無いことといえるでしょう。

 

もう一度言いますが、転職活動において求人サイトなどの求人媒体をチェックしても、希望の企業の名前がないということは、正直に良くあることです。

新卒の場合であれば、一般的な応募時期には大手から中小まで数多くの求人をコンスタントに見つけることが出来ます。

 

しかし転職活動の場合には、時期などのタイミングが企業が計画している募集時期とズレるなどということは当たり前にあることですし、このようなシチュエーションは百も承知というくらいの気概が必要です。

求人が見つからなくても、採用ニーズがゼロというわけではありません。

 

特に中途採用の場合には、それぞれの企業が望んでいる条件を満たす人材であれば、いつでもウェルカムという状態が多いのです。

ただしちょっとしたポイントがあります。

それは企業規模の大きさというもの。

 

ここでは大々的に募集をしていない企業への応募について紹介をしていきましょう。

 

まずはチャレンジしてみることが基本

  • 求人サイトで募集がない。
  • だから採用ニーズがない。

この様な考えでは、あまりにも素直を通り越して、愚直としか言えません。

 

企業が中途採用者向けに求人募集をしていないケースとして、以下のようなケースが考えられます。

一つは、公の機関や特定の求人媒体を使った公開求人では、企業が望む人材を集めることが出来ないと判断し、特定のエージェントなどに非公開求人として一任しているケース。

 

他にも人員補充は一応終わっており、欠員補充などの問題が出ない限り、募集を一時休止状態にして様子を見ている状態であるケース。

最後に優秀な人材を欲しているものの、条件等を検討中であり、募集をするまでに至っていないというケースです。

 

ですから、募集をしていない企業が上記のどのケースにあたるのかをリサーチし、もしも最初に紹介したようなケースであれば、アクションに出れば十分に採用される可能性が高いといえるでしょう。

こういったことを知っている転職希望者は、飛び込みで希望している企業を訪れ、結果的に転職成功に導いた方も大勢いらっしゃるのです。

 

大企業は意外とチャンスあり

また、求人募集をしていなくても企業規模の違いによって、チャンスの大きさは違ってきます。

前述の例で言えば、大企業は基本的に求人時期が終わっても、常に優秀な人材を確保したいという気持ちを強く持っているものです。

 

ですから時期の違いによって、求人媒体を使い分けているなど、当然のように行っています。

また、プロジェクト毎の人材募集なども転職エージェントなどを中心として条件をつけて行っていることが多いため、一般的な求人媒体で求人募集が見られなかったとしても、いくらでもチャンスが転がっているケースが多いといえるでしょう。

 

求人媒体で見つからなかったとしても、その企業のホームページ上のリクルートコンテンツをチェックしていると、こまめに人材募集をしているケースも少なくありません。

常に人事が対応をしてくれるといった準備もしているケースが、規模の大きな企業であれば普通に見られているのも特徴の一つです。

 

大手だからこそエントリーが求人媒体で見つからなければ、絶対に中途採用の可能性は少ないと思われがちなのですが、実は規模の大きな企業の方が採用を実現させることが出来る可能性が高いといえるでしょう。

大規模であるからこそ、人の移動も激しいわけです。

 

ですから、想像しないような新人の大量退職などに見舞われることも多く、常に人材募集を行っているケースが大手企業や大企業などでは多く見られます。

大企業こそ求人がなくてもチャンスが多いというのは、転職希望者という状態であれば、常識として持っておくべきでしょう。

 

中規模企業はプッシュが大事

大規模企業は人の出入りが激しいため、チャンスがあるということは把握出来たと思いますが、次いで可能性が高いのは中規模の企業です。

中規模の企業も、求人募集をしていないタイミングだったとしても、連絡を直接すれば対応してくれるケースが少なくありません。

 

大手の場合であれば、転職エージェントの非公開求人にある程度のコストを掛けてでも、優秀な人材を確保したいという予算を持っているものです。

しかしながら、中規模の場合はここまでは行きません。

もちろん優秀な人材は求めているのですが、高いコストを掛けてまでとはいかないのです。

 

大規模企業とは違い、なるべく優秀だと思える人材を囲うというような戦略を取ることが多いでしょう。

ただし、一切新しい人材を受け入れるつもりはないという頑固な姿勢は見られません。

 

どちらかと言えば、募集をしていないという状況でも、それでも入職したいという強い気持ちを抱いている人材なら、その気持ちを買おうという気質が多く見られます。

もちろん仕事が出来る人材であるというのは、前提としてあるのですが、大規模な企業と比較するとやる気や企業愛といった気持ちの面を買っている企業も多いですから、戦略次第では、十分に中途採用の末席を確保することが出来るといえるでしょう。

 

小規模こそ厳しい

浪花節も通用しないし、募集がなければ諦めた方が無難というのは小規模な企業です。

少数精鋭で経営をしていることも多く、一から育てる余裕がなかなかないケースが多く見られています。

 

大手や中規模な企業と比較すると当然に利益は低いですから、将来を担う人材を採用し育てるというケースはかなり稀だといえるでしょう。

既存の従業員が定年間近であったり、退職が決まって初めて人材確保に走るというケースが少なくありませんから、求人が出ていない状況でアプローチを掛けても採用される可能性はかなり低いです。

 

もしもあるとするなら、強烈なコネクションを経営者に持っているというケースだけでしょう。

例えば、その小規模企業の重要な取引先から依頼されたというケース。

他にも従業員やヘルプをしてくれているといった大なり小なり、その企業に関わりがある人員に頼み込まれたといったケース以外は、かなりハードルが高いといえるでしょう。

 

一見人材を欲していると思われがちな小規模な企業ですが、実は求人が出されてないという状況では、一番厳しい状況であり、正当な転職活動では転職成功に導くことが難しいという現状があるのです。

ですから、小規模企業の場合、いくら転職を実現させたいと言っても台所事情があるため、転職成功に導くことはなかなか難しく、求人募集を行っていないのであれば望み薄であると判断しましょう。

 

チャンスは沢山転がっている

転職希望者のような中途採用枠狙いの転職の場合、基本的には、大きな規模の企業ほど中途採用の可能性が高いと言えます。

ハードルの高低を考えた場合、求人募集をかけていない場合、やはり大規模な企業の方が求められるハードルは高いですが、その条件さえ揃えさえすれば十分に採用される可能性は高いといえるのです。

中規模企業の場合には、情というものも絡んできますから、プッシュすると中途採用される可能性も少なくないといえるでしょう。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ