経営者レベルの考えを持つプロデューサーが求められる

現代社会では、ある程度に仕事が出来る人材なら、沢山の転職先が用意されているといえるでしょう。

ただし、それはあくまでもプレイヤー的な転職であり、管理職などのある程度の高ポジションを目指して転職を実現したいという方であれば、求められる条件も当然に高くなると言わざるを得ません。

 

その条件をざっと挙げると、企業の歯車的な仕事の仕方ではなく、経営という視点を持ち企業に貢献出来る働き方。

更にマネジメント能力を持っていること。

最後に統率力を持っている人材であるかなどが挙げられます。

 

いわゆるプロデューサー的な要素を持っている人材こそが、多くの企業から求められているのです。

現在では、それぞれの職種の実務能力を高く有している人材以上に、こういったプロデューサー的な要素を持っている人材を重宝している企業が多く見られるようになりました。

 

経営者としての視点

経営者の視点云々を言う前に、まずあなたはこれまでの仕事でどのような成果を挙げてきたのかを、すぐに事細かに答えることが出来るでしょうか。

まず、これが出来ない人材なら経営者的な視点を持つ以前の問題です。

 

なぜすぐに答えることが出来ないのか。

それは日々の業務において、成果をあげることを意識していないからです。

この点を改善し、日々成果をあげることを意識して業務に取り組むことを始めてみるのも良いでしょう。

 

この積み重ねが結果的に、どうしたら所属している会社の売上を上げることが出来るのか。

どうしたら無駄な経費を削減させることが出来るのか。

どのようにすれば業務の効率化がはかれるのか、という経営者的な視点を持ちながら、仕事に取り組む習慣をつけることになるのです。

 

求められるマネジメントスキル

マネジメントスキルと一言でいっても、様々な業種や職種によって、必要なマネジメントスキルは変わってきます。

一般的に管理職やマネージャー職に求められるマネジメントスキルとは、簡単に言ってしまうと業績を向上させるために部下や同僚などのスタッフの管理といえるでしょう。

 

管理のために必要なことは、職場にいる個々のスタッフの能力を把握し、見極め、適材適所な業務を任せること。

更にそれを行うにあたり、出来るだけコストや時間を掛けずにそれらを実行することも重要なマネジメントスキルと言えます。

 

こればかりではなく、経営管理の分野の知識やスキル、コミュニケーションスキル、交渉力といったヒューマンスキルまでマネジメントスキルとして求める企業も存在していることを覚えておきたいところです。

 

統率力のある人材

時にリーダーシップと統率力とを一緒くたにしている方を見かけますが、似ているようで全くの別物です。

企業が求める統率力とは、2つの条件を満たしている必要があります。

 

一つは周囲の人材の行動を統率し、一つのチームとしてまとめ上げる力。

これはある意味でリーダーシップと共通している点といえるでしょう。

 

統率力はこれにプラスして、もう一つの条件を満たす必要があります。

それがまとめたチームを率いていき、そのチームが掲げている目標を達成するために行動をする力と言われています。

最初の一点を意識している人材はいても、もう一つの重要な行動が出来ていない人材が非常に多いのです。

 

このように管理職などのワンランク上のステータスの高い転職を実現させたい場合には、経営者的な視点を持つ人材を目指す必要があるでしょう。

 

管理職として必要な3つの条件を満たすこと。

  1. 経営という視点を持つ
  2. マネジメント能力を持つ
  3. 統率力を持つ

 

そのために必要な日々の業務への取り組み方をもう一度考慮し直し、企業が欲しがる人材へと成長するように努力しましょう。

これは才能などという曖昧なもので解決出来るものではありません。

日々心がけて努力をする必要があるのです。

[Topics]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ