あなたの改善点のヒントは面接にあり

転職活動をする中で、いくら準備をして望んでいるつもりでも、不採用という結果しか得られない方は多くいらっしゃるものです。

こういった方の多くは、自分自身に足りていない部分を正確に把握出来ていないケースがほとんどです。

 

様々な転職活動ノウハウを熟読して、それを実践しているつもりでも、実際に面接官の目には採用を選択する決定打にならない人材だと判断されることもあります。

他にも自分では気がつかない面接官の常識からは逸脱しているアクションを起こしているケースも少なくありません。

 

こういった場合に役立つのが、それぞれの面接経験の中で体験する面接官からの指摘なのです。

ノウハウなどもそれぞれの経験者からの情報をまとめたものですが、実際の面接の場面で自分自身が体験したものほどに貴重な情報はないといえるでしょう。

 

面接で言われたことをしっかりと記憶しておき、指摘をされたのであれば、それを自身の改善点として捉え、次回の面接に臨むことこそが採用を獲得するための良質な方法なのです。

 

面接官が見るポイントとは

面接官によって転職希望者のどこを見るのかは違っていますが、一般的に言われているのは5つのポイントとされています。

 

顔立ち、服装、常識の有無。

更に品格が感じられるか。

そして知性を感じられるかどうかです。

 

この中でも、一番重要とされているのが、顔立ちや表情といった見た目。

更に服装などの見た目から得られる情報だと言われています。

第一印象というものは、以前書いた第一印象ですべてが決まる!?面接では第一印象が重要でお話しをしているように重要だということです。

 

よく面接官などに「緊張してる?」だとか、「そんなに硬くならなくて大丈夫だよ」なんて言葉を面接で語られるような場合には、リラックスさせるためではなく、表情が固いという指摘だと捉えるようにしましょう。

つまり顔立ちが悪いと指摘されているわけですから、次回の面接からは表情の作り方などに気を使って面接に臨むべきなのです。

 

日頃の言動や態度が出てしまっていないか

他にも模擬面接などを繰り返し、準備をして本番の面接を迎えたとしても、面接官のちょっとした一言で日常の素の自分を安心して出してしまったなどという失敗談も多く存在しています。

面接官の「前職では大変でしたね。さぞかし苦労があったのではないですか?」なんて軽い一言にすっかりと安心してしまい、「そうなんですよ、実は…」なんて以前に所属していた会社の愚痴や不平不満などを口にしてしまう。

 

こういったものは、愚痴や不平不満、会社へのクレームを聞きたいのではなく、そういった苦労や困難をどのようにして乗り越えてきたのか。

どういったアイデアを持って、アクションを起こして結果を出してきたのかを聞きたいだけなのです。

 

ついつい日頃の言動や態度といったもの。

会社に対しての本音というものを吐露してしまうと、完全な失敗につながってしまいます。

面接官のオフショットを披露して欲しいといったような質問の仕方にも騙されることなく、最初から最後まで気を抜かないように注意しましょう。

 

圧迫面接はありがたい面接だ

大抵の企業に不採用の理由を尋ねた所で、「社外秘」だとか「お答えできかねます」といった回答が返ってくるものです。

近年ある面接のスタイルに圧迫面接というスタイルがありますが、一般的な面接と比べると、心が傷つき凹んでしまうから苦手という方は非常に多く見られます。

 

しかし、自分の面接での失敗や、社会人として足りていない要素を把握するために、これほどにありがたい面接スタイルはないといえるでしょう。

圧迫面接では、入室した途端に「入室マナーがなっていないな」だとか、「ネクタイが曲がっているじゃないか」「君の考え方は甘いよ、逃げているだけじゃないか」なんて言葉が面接官から飛び出してきます。

 

更に履歴書や職務経歴書を見て「なんだか読みづらいな」だとか、「ミミズが張ったような字だね」。

じっと見つめられて、「表情からやる気があるとは感じられないんだが…」なんて言葉や、発言の途中で「声が小さくて聞き取れないな」なんて威圧的な言葉をどんどんと投げかけられます。

 

緊張やショックなどから萎縮してしまうような方が多いと思いますが、正直な意見を言ってくれているのです。

こういった指摘にはありがたいという感謝の気持ちを持つようにしましょう。

 

どうしても自分の面接に何が足りないのか。

これまでの面接時のどこがダメだったのかを把握しきれていないと感じる方は、圧迫面接を経験してみると良いかもしれません。

模擬面接という弛い空気の中で受けるものではなく、本番の圧迫面接を受けることで、本当に自分の中で足りないものが発見出来る可能性は高いでしょう。

 

悪い部分は改善すべき。

その悪い部分に気がついていないのであれば、それに気づかせてもらえるスタイルの面接をしている企業をチョイスして、本番の面接を使ったシミュレーションをすることも転職成功のために必要な努力なのです。

 

圧迫質問に対して

圧迫面接は全ての質問や指摘で圧迫をしてくるというものですが、一般の面接スタイルの中でも、圧迫質問を1つか2つ程度投げかけ、希望者の対処方法を見ようとするところも少なくありません。

その中でも多く見られている質問が「あなたは当社には合っていないんじゃないですか」という質問です。

 

これは上記までの指摘と改善とはちょっとニュアンスが違ってきますが、この質問の特徴として、まず面接官の目から見てあなたを判断し、明確な理由に基づいて出された質問ではないということを忘れてはいけません。

ここで躍起になって「いや、自分はこの企業にマッチしています」なんて反論を展開することなど期待してはいないということです。

 

また、合っていないと言われて、やっぱりそうかと諦めてしまったり、萎縮してしまう希望者も不採用にされることでしょう。

他人に合っていないと言われ、はいそうですかという程度の熱意で転職を希望しているのかとがっかりされるからです。

 

ここで面接官が欲している答えは、あなたが希望先企業にどうしても転職したいという熱意を感じたいだけなのです。

こんな仕事が出来るのだから、貴社にはマッチしているといった答えではなく、まず合っていないという指摘を受け入れることから始め、それを認めます。

ただし、その指摘改善のため、現在進行形で行っている努力や、今からしようとする予定の行動をアピールすることで、面接官の心象を良くしていきましょう。

 

ネガティブな指摘にも動揺はしないこと

時に「顔色が優れないようですがどこか体調でも悪いんですか?」なんてネガティブな質問が飛んでくる場合があります。

この際、様々なことが考えられます。

 

あなたの表情からはやる気が感じられないという指摘。

ネガティブな言葉をぶつけ、動揺を誘うためのただのフレーズ。

機転を利かせることが出来る人材なのかどうかを確かめたいなどなど。

 

こういった場合にも、まずはそれをしっかりと受け入れることが大事です。

「いや、そんなことありません。もともとこういう顔なので」なんて答えは失敗の典型例です。

 

「実はこの場で倒れてしまうくらいに緊張をしてしまって。人生における最大の勝負どころだと感じていますから。」なんて答えを言えれば、初々しさや本気度合いを感じさせることができ、最高の答えといえるでしょう。

 

このように面接官が発する質問や指摘には、様々な意図があることを忘れてはいけません。

圧迫面接の場合には、心は傷つくかもしれませんが欠落しているのは紛れもない事実ですから、それから目を背けず自身の改善点として消化し、改善を心がけるようにしたいところですね。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ