短期間で退職する時に気にかけるべき3つのこと

転職は、なかなかスムーズに行くものではありません。

自己分析に戸惑ってしまい上手く分析をすることが出来なかったり、転職する業界を絞り込むことが出来なかったり、多くの求人情報の中からあなたに合った企業を選ぶのも大変ですので簡単ではありません。

この他にもいろいろと転職する際には、作業が出て来ますが、その中の1つでも手間取れば、なかなかスムーズに運ぶことは厳しいでしょう。

 

今回は、転職の最終段階である退職に目を向けてみたいと思います。

内定をもらった時に転職先企業から「3週間後に新しいプロジェクトが始まるので、それまでには入社して欲しい」と言われた場合に、現職をどうスムーズに退職するのか。

これが1~2ヶ月後ならスムーズに退職をすることは容易でしょう。

しかし、3週間となるとなかなかスムーズにとは行きません。

 

転職リスクを最小限にするには在職中に転職活動をするで言っているように、基本的には、転職活動をする際には在職で行うのが一般的ですので、こういった問題も中には出てくることになります。

既に退職を先にしてしまってから、転職活動を行っている場合は、起こらない問題ですのでスルーして下さいね。

 

円満退社の秘訣でもお話しをしていますが、退職をする際には、退職願を提出してから1~2ヶ月後が最もトラブルなく退職を出来る期間です。

仕事の受け継ぎ、挨拶周りなどを考えるとそれくらいは必要ということですね。

でも、数週間で辞めなければならない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、最初に試してみるべきことは、転職先に入社日を伸ばしてもらえないかを、お願いしてみることです。

それが叶わない場合は、退職をトラブルなくスムーズにするしかありません。

では、退職をスムーズに行う方法を具体的に見て行きましょう。

 

退職をスムーズに行う方法

法的にも3週間程度あれば退職をすることは可能(法的には2週間前通知)ですし、問題はありません。

人事バカが言っている1~2ヶ月後に退職というのは、トラブルなく現職の会社へ迷惑を掛けずに辞めることが出来る期間という意味です。

現在勤めている会社が最も気にするところが、仕事に対して影響があるのではないか、ということです。

 

逆に言えば、そこさえクリア出来れば極端に短期間でなければ問題はないということになります。

出来る限り、会社に迷惑を掛けずに、支障をきたすことなく退職を進めて行きましょう。

そうすることによって、現職の会社の社員や、会社との関係も崩れることなく、今後も付き合うことが出来るようになります。

今までの関係は転職後には、職場外の人脈となりますのでとても大切な存在になります。詳しくは、元職場の人脈を大切にすることを読んで下さいね。

 

退職をする立場として、あなたは後ろめたさや、負い目を感じるかも知れません。

ですが、まず、その考えは捨てることです。

会社は、あなたがいてもいなくても、それとは関係なく存続し続けます。

少し悲しい言い方かも知れませんが、あなたは今までその会社に対して貢献して来て、大きな利益を与えて来たでしょうが、あなたがいなくなったからといって、会社が潰れる訳でもないのです。

一時的に損失を出す可能性はあったとしても、存続が危ぶまれることは決してありません。

 

思い返してみて下さい。

あなたが今まで何度か転職をしてきた中で、あなたが抜けたことによって倒産してしまった会社はありましたか?

あなたが原因で経営危機になった会社はないのではないでしょうか。

 

ですから、あなたは、負い目を感じる必要もありませんし、後ろめたさを感じる必要もありません。

むしろ、今まで貢献してきたのですから、胸を張るべきでもあるのです。

あなたが退職することによって、会社に与える損失を最低限に抑えればそれで良いのです。

 

では、具体的な話に入って行きますね。

まずは、あなたが行っていた仕事を一覧にします。

そして、優先順位が高い仕事から、引き継ぎすべきことを文書にしてノートを作成しましょう。

ここで重要なのが、後々誰が見ても意味が分かるように、そのノートを見ながら仕事を進めれば、スムーズに仕事をすることが出来るように作成しておくことです。

このノートが不十分な場合は、仕事を辞めたあとでも電話が鳴ることになります。

 

退職をすれば必ず中途半端な仕事が出て来ます。

すべての仕事を終わらせてから退職をするのがベストですが、実際は難しいでしょう。

あなたの後任が決まっているのであれば、徹底的にその後任の方に仕事を受け継ぐことになりますが、数週間程度では、あなたが数年間行ってきた仕事を把握するのは無理ですね。

そこで、前述したノートが重要になってくるのですが、それでも文書に出来ないようなニュアンス的な仕事もあるはずですので、退職してから1ヶ月間は仕事に関する電話を受け付けるなど期限を付けて「仕事のコンサルティングをします」と言っておけば、数週間で退職をしたとしてもトラブルが起こることは少ないでしょう。

 

あなたが辞めることによって、最も大変になるのがあなたの直属の上司です。

この方のフォローを確りと出来るかどうかで、あなたとその会社の関係を繋げておくことが出来るかどうかが決まるといっても過言ではありません。

今までのお礼を言うのはもちろんですが、受け継ぎに付いて随時報告をして、他にもやるべきことはあるかどうかを確認するようにしましょう。

あなたの考えが及ばなかったこともあるかも知れませんからね。

 

退職する上で気にかけること

この様に、会社や上司、同僚に対して、

  1. なるべく迷惑を掛けないこと。
  2. 業務に支障を与えないこと。
  3. 最低限の損失に抑えること。

これらが重要になります。

 

この3つを抑えて退職の準備をすれば、それが例え数週間という期間であっても、受け入れてもらうことは可能でしょう。

逆に、1ヶ月2ヶ月と退職までに時間があるのに、上記の3点が抑えることが出来ていなければ、円満退社とはいかないですね。

先程も言ったように、元職場の社員は今後社外の人脈として大切になる可能性がありますので、なるべく上記の3点を抑えて気にかけるようにして下さい。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ