私って転職すべき?すべきでない?

転職を考えていても、自分は転職をした方が良いのか、しない方が良いのか、迷われている方は多いですね。

「迷いながらも転職活動を進めている」そんな方は、多くいるのです。

ここでは、転職に迷いはあるが転職活動をしているという方の為に、なぜ迷いが出るのか、それを払拭するにはどうすれば良いのかをお話しして行きたいと思います。

 

転職は大きな不安を抱える

転職をしようかなと考える段階では、大きな希望と楽しく仕事をするイメージを持ちますが、いざ動き出してみて現実的になって来ると、漠然とした大きな不安を抱えてしまうのは良くあることです。

では、何が不安なのかを具体的に見て行きましょう。

転職の不安割合

この表は、en転職コンサルタントで取られたアンケートを元に作成しています。

 

転職者が抱える大きな不安は、給与面などのお金への不安、会社に馴染む事ができるかどうかの不安、仕事のレベルやどこまで任されるのかに対する不安、実力を発揮することが出来るかどうかの不安などが大きいようですね。

やはり抱える不安は、地に足の着いた内容が多いですね。

今よりも年収がダウンしてしまうのではないか、ということに関しては、単身の方もそうですが、特に家族がいる方に取っては大きな問題になるでしょう。

他にも、転職先で自分が受け入れてもらえるか、どんな仕事が待っているのか、そして結果や成果を残すことが出来るのか、慎重に物事を考える方は、当たり前に出てくることです。

 

しかし、これらの不安要素は、自分で考えていても絶対に答えはでないですし、不安が消えることはないですね。

では、どうすれば良いのか?

一番簡単なのは、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談して聞いてみることです。

あなたは、一生の中で転職は数える程度ですが、キャリアコンサルタントは1年に数百件の転職に携わっていますので、多くの情報を得ているはずです。

 

お金に関する不安なら、自分の経験・キャリア・実績・スキルを伝えて、あなたが転職をすることによって年収をアップさせることが出来るのか、それとも下がってしまうのかを分析してもらえば良いのです。

社風に関しても、キャリアコンサルタントは、実際に求人を出している会社へ行っていることがほとんどですので、雰囲気も分かるでしょうし、どんな社員の方が働いているのかも把握しているので、あなたに合いそうかどうかを尋ねてみて下さい。

その他にも、具体的にどんな仕事をすることになるのかなども同様に尋ねれば良いですし、あなたが希望する会社へ今までに転職をした方が、どのような結果や成果を残していて現在では、どのポジションにいるのかを聞いてみて下さい。

経験を積んでいるキャリアコンサルタントの場合なら、どんなことでもあなたの質問に対して答えてくれるでしょう。

漠然とした不安を抱えたまま転職活動を進めるよりも、こういった方法で少しでも不安を取り除いてから転職活動を始めた方が、断然やる気も起こりますよね。

 

転職をすべきかどうか

転職に関する不安が拭えたとしても、実際に転職をするべきなのか、しない方が良いのかは、別問題ですね。

では、自分は転職をすべきなのかどうなのか、を判断するにはどうすれば良いのか。

それは、なぜ転職をしようと思ったのか【転職をしようと思ったきっかけが何で、何を目的に転職をするのか】を良く考えてみることです。

これが、明確であればどうすべきなのかは判断しやすいですね。

 

転職の理由は、人それぞれ違って来ますが多くあるのは、

  • 給与や年収に不満がある
  • 会社や仕事に不満がある
  • 会社に将来的不安がある
  • 労働条件が悪い
  • キャリアアップのため
  • 人間関係が悪い

などですね。

他にも、少数意見が多くあると思いますが、概ねこの様なところでしょうか。

 

そして、あなたが転職をするべきなのかどうかを判断する目安としては、あなたの転職理由がポジティブなのかネガティブなのかということです。

人事バカ的には、あなたの転職理由がポジティブなのであれば、転職すべき。

ネガティブなのであれば、現状に留まるべき。

こう考えます。

 

これは何故かと言うと、人間関係が悪いからという理由などの場合は、あなた自身に問題がある可能性が大きいからです。

人間関係での転職は同じ事の繰り返しでもお話ししているように、人間関係で転職をした方は、転職先でも人間関係に悩まされる可能性が極めて高くなります。

それは、すなわちあなたに原因があるからですね。

ですから、あなた自身の成長や修正をしなければ、払拭することが出来ないということです。

 

また、ネガティブな転職理由の場合は、あなたが現在の状況から逃げたいから転職をする、という選択肢を選んでいる可能性も高いですね。

逃げの姿勢で物事を運ぶと、いつかまた同じような壁に当たることとなり、その時にまた転職を考えることでしょう。

そうすることによって、転職の回数が増えてしまい自分のキャリアに傷を付けてしまうのです。

その様なことがないように「自分の転職理由はネガティブだな」と思うのであれば、今一度転職するべきかどうかを考えてみて下さい。

 

逆に「他の仕事に挑戦してみたい」「キャリアアップやスキルアップをしたい」などポジティブな考えで転職をしようと思うのであれば、今すぐにでもすべきでしょう。

そして、この様な考えで転職をする方の場合は、企業の面接官も嘘偽りのない転職理由は分かるはずですので、良い転職をすることが出来る可能性が極めて高いですね。

 

転職をすべきか、すべきでないのかを疑問を持っている方は、自分自身の転職理由がポジティブなのか、ネガティブなのかを良く考えてみて下さい。

自ずと答えが見えてくるはずですよ。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ