人事バカが思う、転職すべき状況

「転職を何が何でもしたい!」と思っている方もいれば、何となく「転職を考えても良いのかな」と思っている方もいるでしょう。

でも中には、人事バカから見ても転職すべき状況でいるのに、本人は気が付かずにのほほんと仕事をしている場合があります。

では、それはどんな時なのでしょうか?

 

人事バカが思う、転職すべき状況は下記の2つです。

  • 評価に対する収入とポジション
  • 仕事の内容と働く環境

これは、すべてあなたに適合しているかという判断ですね。

詳しく一つづつ見て行きましょう。

 

評価に対する収入とポジション

会社からもらっているお給料に対しては、下記の7つのうちどれかに当てはまるでしょう。

  1. 今の収入に大変満足している
  2. 今の収入に満足している
  3. 今の収入にそこそこ満足している
  4. 今の収入が妥当だと思っている
  5. 今の収入に多少不満を持っている
  6. 今の収入に不満を持っている
  7. 今の収入に大変不満を持っている

 

人事バカ的には、4つ目の妥当だと思っている方が一番良いのかなと思います。

大変満足しているというのも良いとは思うのですが、やはり多くの収入を得るには、それなりのストレスはあるはずですし、多くの時間を労働に当てなければなりません。

収入には満足しているが、仕事が辛くて辞めてしまっては、何の意味もないですからね。

ですから、妥当くらいがストレスの度合いなどを考えて、自分には妥当だと思っているはずですので、一番良いと感じます。

 

次に大変不満を持っているという方は、自ら転職をいつかはしようと思っているでしょうから、良いのですが、一番危険なのが、多少不満を持っているという方です。

収入に多少の不満がある位なら、仕事の内容や人間関係に不満がなければ、続けますよね?

でもそれって、本当にあなたの評価に見合っているのでしょうか。

 

誰もが正当に評価される会社で働きたいと思っていますよね。

それが顕著に現れるのが、収入だったりするんです。

 

評価に対するポジションに関しては、収入のお話しとほとんど被るので、簡単にお話ししたいと思いますが、あなたに与えられたポジションは、あなたに適合していますか?

適合していないのであれば、転職をすることによってもっと多くの部下を持ち、上のポジションへと上がることが出来、大きく羽ばたくことが出来るかも知れません。

ここでも一番危険なのが、万年係長など大きな不満はないが、もう少し上のポジションでも良いのでは?と思っているが、転職までは考えていない。

こんな方ですね。

 

仕事の内容と働く環境

ブラック企業とまではいかないが、毎日残業が当たり前のようにあり、時には終電の時間まで働いている。

社員1人あたりの仕事量が多く、毎日ハード過ぎる。

こんな方は、当然に転職を考えるべきでしょうが、人事バカが思う一番危険なパターンは、仕事は楽しくないが取り敢えず目の前にある仕事をこなせばお給料が入る状況です。

 

少なくとも人生の3分の1は、仕事をしている時間です。

その時間が楽しくないなんて人生がもったいないですね。

でも、給料が入るから我慢するか。

この様な状況は、よろしくありません。

転職をすれば、もっとあなたに合っている仕事が見つかるかも知れません。

 

仕事のレベルも同じで、あなたに適合しているかが重要ですね。

あなたに取ってあまりにも重荷過ぎる仕事では長続きしませんし、簡単過ぎる仕事でも楽しくはないでしょう。

また、レベルの低い仕事では、あなたのスキルアップも望めません。

 

人間関係での転職は同じ事の繰り返しで、人間関係に問題があり転職する場合は、同じ様な壁にあたることがほとんどだと言うお話しをしたことがありますが、これは、あなたに原因がある場合に限ったことです。

パワハラやセクハラ、いじめなど、あなたに比がない人間関係に関しては別物です。

この様な状況の場合は、ストレスの元なので即刻転職を考えるべきでしょう。

 

会社の雰囲気で有給を取ることが出来ない有給の取得率が低い会社の場合、それを黙認してしまっている方がほとんどです。

これもある意味、人事バカでは、転職をすべきなのではとも思ってしまいます。

会社で働くのは、2年や3年の話ではありません。

20年30年と働くのに、与えられている権利を社内の雰囲気で放棄してしまうのですか?

与えられた権利が与えてもらえない会社に、しがみついていても仕方がないと思いませんか?

 

今の状況を考える時間を作る

確かに転職を考える要因となるのは、多くの要因が重なった時でしょうが、重要な部分1つが適合していないのに、我慢して何も行動を起こさずに同じ会社で働き続けるのは、時にナンセンスなのではないでしょうか。

今は、多くの選択肢がある時代です。

あなたの今の仕事における状況を、一度冷静に考える時間を作ってみるのも良いかも知れませんね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ