転職におけるストレス徹底解析

転職を考えた場合には、新しい職場でバリバリと仕事をこなす自分の姿や、楽しく充実した日々を過ごす自分の姿を思い浮かべることでしょう。

しかし、現実には転職という行為は、必ずストレスを感じるものです。

それは、転職活動を行っている時もそうですし、転職後の新しい職場でもそうです。

 

転職をする理由は、それぞれに違うでしょうが、キャリアアップやスキルアップ、新たな挑戦などではなく、人間関係、仕事の不満などのストレスによるものである場合は、注意が必要です。

ストレスが理由で転職をしている場合は、それ以上のストレスが転職をすることによってかかる場合があるからです。

ストレスを減らすなくすという意味では、転職は不向きであると言えるでしょう。

 

仕事中と転職活動のストレスの強さ

エン・ジャパン株式会社が仕事中に受けるストレスの強さと、転職活動で受けるストレスの強さを、2013年10月~11月にかけて2643名に調査したところ、下記のような結果となったようですので、見てみて下さい。

 

転職活動をしている方で「ストレスがかなり強い」「ストレスが強い」とストレスを感じている人が、全体の8割を越えているのに対して、仕事中にストレスを感じている人が、6割り程度に推移しています。

これを見る限りでは、仕事中にストレスを感じる人よりも、転職活動でストレスを感じる人の方が多いということが分かります。

ですので、ストレスを理由に転職を考えた人の場合は、更にストレスを強くしたり多くしてしまう危険性もありますので、慎重な判断をした方が良いですね。

 

また、転職をする場合は、あらゆる変化がありますので、その辺りもストレスの原因になるはずですから、注意したいですね。

そして、転職後に新しい職場へ入社したとしても、そこでストレスがないと言えば嘘になりますね。

どんな職場でもストレスは必ずあるはずです。

現在働いている職場でのストレスが耐え切れないほどなのでしたら、仕方がないかも知れませんが、それほどのストレスではないと判断出来るのであれば良く考えてから行動に移してみて下さい。

 

転職活動中のストレス理由

次に、転職活動中のストレスではどのようなものがあるのでしょうか。

これも同じくエン・ジャパン株式会社が、調査した結果がありますので見て行きましょう。

転職活動のストレス理由

最も注目すべきなのは「やりたい仕事が見つからない」というストレスが1位だということです。

内定をもらうことが出来ないというストレスよりも、自分でどんな仕事をしたいのかが分からないという理由が大きいということに驚きです。

 

こういう仕事がしたいから転職を考えたり、こんな業務をしたいから転職を考えるのが普通なのではないでしょうか。

それすらないのに転職を考えてしまっている人が多過ぎるということですね。

もちろん中には、自分の希望する条件に合っている求人がない、み合うような求人がないという理由も含まれているのでしょうが、残念な結果ですね。

 

転職をする権限は自分にある

人事バカは、この結果を見て転職という一大行事をもう少し真剣に考えてから、行動に移すべきだと思いました。

転職をすると、あなたを幸福にもする可能性はありますが、不幸にする可能性もあるのです。

転職を考えている方の中には、家族を養っている方もいるでしょう。

家族に不安を与えないためにも、家族とよくよく話し合ってから動き出しても遅くはないですね。

 

幸いなことに、転職をすると決めるのには、あなたに権限があります。

また、転職をするのが遅くなるということは、あなたのキャリア形成もそれだけ確りとしてくるということです。

転職は、遅くなることに対してデメリットはあまりありません。

むしろメリットの方が大きいので、あなたのタイミングで好きな時期に行うことができます。

 

焦ることなく、自分のペースで転職を決定してみてはいかがでしょうか。

まずは、情報収集からお勧め致しますので、転職エージェントなどに登録してみて様子を見てみて下さいね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ