欧米と日本の転職の大きな違い

現在、転職は日本でも一般的に行われる行為として認知されてきています。

転職に踏み切る理由は、それぞれで「スキルアップ」「キャリアアップ」「新たな分野への挑戦」など個々人で違いがあるでしょう。

しかし、日本企業では転職の回数が多過ぎると難色を示すことが多いのが現実です。

多くの求人サイトや転職サイトでは、早く転職をした方が良いなど転職行為を煽るような記事が書かれていることがありますが、そういった記事に惑わされて気軽に転職をしてしまうのはいかがなものでしょうか。

 

転職をしてきた回数が多いと日本企業は難色を示すとお話ししましたが、その理由に付いては「20代での転職で注意する点30代での転職で注意する点」を参考にしてみて下さい。

ここではあえて日本企業とう表現をしたのは、国内の外資系企業や欧米ではまた違った考え方を持っているからです。

どのような考え方の違いかということを日本と欧米に別けて、お話ししていきましょう。

 

日本企業の考え方

基本的な日本企業の考え方としては「長期に渡り勤めあげてもらい徐々に利益を出せる人材を育てる」といったところでしょうか。

(これはあくまでも人事バカの勝手な考えです。個々企業により考え方は細かく違うと思いますが、こういった考え方が一般的なのではないでしょうか。)

終身雇用など昔からの日本の風習が残っているので、長く働いてもらい会社へ貢献してもらい利益を出してもらう、ということがスタンスにあります。

 

ですから、多くの転職をしている人材は、継続力がないとみされてしまい不利になるということです。

では、欧米企業ではどうなのでしょうか。

 

欧米企業の考え方

欧米企業や外資系企業の基本的な考え方は「短期でも即会社へ利益を残せる人材を採る」

この様な考え方が最もしっくり来るのではないでしょうか。

終身雇用などは、根本的に考えてはいないのですね。

 

ですから、欧米では利益主義の企業が多いので、実力さえあれば転職回数は採用時にはあまり影響はしてきません。

逆に言うと、実力がなければ採用されない、採用されたとしても成果が残せなければお払い箱になってしまう可能性もあるということでもありますけどね。

 

欧米での転職

欧米では、日本よりはるかに転職が浸透しています。

転職をすることが当たり前と言っても過言ではないでしょう。

 

ある企業で企画開発の業務をこなし1年でそのプロジェクトが完了すると、その開発したものに対しての保守などの仕事が待っていますね。

更に次のプロジェクトがない会社であれば、新規のプロジェクトがある違う企業へ再度転職して企画開発を行う。

この様な転職を繰り返している方は、相当数いるということです。

 

自らが立ち上げたプロジェクトの保守であれば、業務を遂行することは容易ですが、ビジネスマンとして成長や新たな学びはありません。

欧米では、自分の成長に必要となる技術や知識、知恵を常に求めこの様に転職を続けることが一般的なのです。(すべての方が当てはまるわけではありません。)

 

日本では、面接における本音と立前でも言っているように、表面的には向上心溢れる転職が多いように見えますが、実は逃げの転職がかなりの数を占めていると思われます。

キャリアアップの為と言いながら実は上司との不仲の為だったり、新たな挑戦と言いながら実は仕事に飽きたからなどです。

この転職理由が、大きく欧米と日本が異なる点とも言えるのではないでしょうか。

 

日本企業と欧米企業での認識の違い

  1. 外資系企業や欧米企業では、利益主義(実力主義)であること。
  2. 欧米の方々の転職理由が実際にキャリアアップのためであること。

この2つの理由から転職回数があまり採用に影響しないんですね。

 

  1. 逆に日本企業では、長期勤務を希望していること。
  2. 日本人の転職理由が表向きはポジティブでも、実はネガティブな理由が多いと気付いていること。

この2つの理由から転職回数が採用に大きく影響するんです。

 

根本的な企業の考え方や、日本人と欧米人の行動の違いがこのように大きく差を生んでいるんですね。

しかし、日本企業に外資資本が多く入ってきていること、日本に外資系企業が多くなってきていることを考えると、転職に対しての考え方も欧米化していくことは間違いないでしょう。

実際にソフトバンク、ヤフーやDeNA、楽天など現在急成長している企業の社員は、多くの方が転職を繰り返してキャリア形成している事実もありますからね。

今後はこのような背景が後押しとなり、転職回数に拘らない実力主義的企業が増えてくることも考えられますが、現時点ではこのような企業は極一部に限られていますので、これから転職を検討しているのであれば自分の過去の転職回数も考慮する必要があるでしょう。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ