求人情報収集の2つの方法

転職をする際には、求人情報をどう手に入れるのかが重要なポイントになりますが、その方法は大きく別けて2つあります。

 

1つ目は、個人的に求人を探す場合になります。

求人誌、求人サイト、ハローワーク、企業サイト、などが基本になると思いますが、どこで情報を手に入れても良いとは思いますし、求人情報をまとめて配信している求人サイトや求人雑誌、ハローワークなどでは多くの情報を手に入れることができるでしょう。

企業サイトからの場合は1社1社個別に調べる必要がありますが、一般には出ていない求人なども見つける事が可能な場合がありますので、労力に比べると手に入る情報は少ないですが価値ある情報を手に入れることができます。

また、個人で求人情報を探す場合は、同じサイトや雑誌でも随時チェックすることが重要です。

 

転職が初めてという方は、求人誌などを買った時は求人情報だけを見るのではなく、特集で組まれている物や、転職成功者の声、会社経営者の声、人事担当者の声などが掲載されている事がありますから、必ず目を通す様にして転職における知識を付ける様にしましょう。

また、他にも希望している業界の雑誌や、ネット上の情報を集める事も良いですね。

なぜかと言うと、例えば電鉄関連の会社などは鉄道マニアの雑誌などに求人を出すこともあるからです。

 

それぞれ企業は、より知識の高い人材を欲しい場合、より知識の高い人材が見るであろう雑誌やサイトへ求人を出すことによって、専門性の高い人材を手にしたいと考えています。

思わぬところに希望する企業の求人が掲載されていることもある、という認識を持って探してみて下さいね。

 

なお、求人サイトや求人誌では、基本的に30代までの若年層をターゲットにした求人が多く出ていますので、それくらいの年代の方は重宝するでしょう。

また、求人情報を集めて興味のある企業が見つかった場合でも、すぐに応募をするのではなく、その企業に付いてリサーチすることが必要です。

企業リサーチは入社前後のギャップを埋めるでもリサーチに付いては詳しく話しをしていますが、根本的にリサーチは転職後の失敗リスクを軽減させるには最も効果を発揮します。

 

疑問があれば直接連絡を取り聞いても良いでしょうし、メールなどでお問合せをしても良いと思います。

その質問に対しての企業の対応なども参考になりますね。

この様に、事前リサーチすることによって、応募をしてから、やはり違うと面接を辞退する行為や、転職後にミスマッチが起きる可能性を少なくすることができます。

 

希望をする企業から求人が出ていない場合でも、諦める事はなく人事部などに直接アプローチしてみる事も手です。

実際にそういった事を繰り返すことにより、企業の内部のことまで理解出来て来ますので、経験としても良い経験となりますから一度チャレンジしても良いかも知れませんね。

 

冒頭から、1つ目の個人的に求人を探すというお話ししてきましたが、求人情報を手に入れる2つ目の方法は、転職エージェントなどの仲介役を使うということです。

転職エージェントでは、キャリアコンサルタントという転職のプロが、サポートしてくれることになりますので、求人情報の収集から転職のアドバイスまですべてをバックアップしてもらう事が可能になります。

 

転職エージェントでは、求人情報が2つに別れており、1つは誰もが見れる公開求人、もう1つはある一定ラインの基準を満たした人材のみに紹介される非公開求人。

非公開求人と公開求人の違いに付いては、求人には公開求人と非公開求人があるで話しており、それぞれがある理由に付いては、なぜ公開求人と非公開求人があるのかで解説していますので、非公開求人と公開求人の詳細に付いては上記記事を参考にして下さい。

 

特に転職エージェントを使う理由としては、非公開求人です。

もちろん、担当のキャリアコンサルタントが転職相談にのってくれることも大きいのですが、最も大きいのがこの非公開求人になります。

 

公開求人や求人サイト、求人雑誌、ハローワークなどは、簡単に言うと質より量と言ったところでしょうか。

非公開求人や企業サイトの求人情報は、量より質ですね。

 

どんなに多くの求人情報を手に入れようが、あなたが転職する先は1社です。

結果的には、その1社を見つければ良いわけですから、人事バカは量より質を取るべきと考えます。

どこにでもあるような求人よりも、少ないが好条件の求人を探す方が、良いということですね。

 

転職の効率やリスクを考えると、個人で探すよりも転職エージェントなどにお願いをして、質の高い求人を手にする方が有利でしょう。

また、個人であれば直接企業サイトから求人を探す方が、質の高い求人を手にすることができます。

 

この様に、求人情報を収集する方法は、個人で行う方法と、転職エージェントなどのプロを使う方法と2つに別けられます。

人事バカ個人的には、量より質を取りますから転職エージェントや企業サイトからの情報収集をオススメしますが、どちらが、あなたに取って良い選択なのかを判断して転職活動を進めて行って下さい。

もちろん、両方で攻めても問題はありません。

 

次は、紹介による転職に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印紹介転職で注意する点

[転職活動]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ