紹介転職で注意する点

ビジネスマンとして長く仕事を継続していると、社内を問わず当然人脈も自然と増えて行くと思います。

 

私には社外での人脈なんてない。

そう考えている方は、少し考えてみて下さい。

あなたの会社で転職をして行く人いますよね?

 

もし同僚や上司が他社へ転職した場合は、それはあなたにとって社外での人脈になります。

ですから、内勤なので社外には人脈が出来ないという方でも、実はよく考えるといるはずですよ。

もちろん、取引先の担当者や、営業先の方も人脈になるでしょう。

 

その人脈を使って転職をするという方法も、ひとつの手段となります。

もし、そういった人脈を使って転職をする場合での良いところは、あなたの事を良く理解してもらえている方からの紹介ですので、紹介されるということ自体が評価されているという証拠になる為に、採用されやすいという事です。

また、事細かく転職先の情報も聞くことが出来ますし、内部事情なども転職前に把握することが出来るという利点もあります。

要は企業リサーチが確実にできるということですね。

 

ですので、企業側としても、あなたを受け入れて入社後に思ったより実力がない、などの思い違いの確率が低いのでメリットとなります。

あなたとしても、その企業の仕事内容や雰囲気など働く環境に付いて事前に確認が出来る事で、働いてみたが合わなかったなどというミスマッチが少ないのです。

 

その半面、求人情報や確りとした面接がないなど、イレギュラーな形が多くなるので、思い違いや、言っていた内容と違うなど、錯誤が起きる可能性も否定出来ません。

入社後に文句を言う事自体が筋違いですし、もし言ってしまったとしたら紹介者との仲も険悪になり、その会社に居づらくなる可能性も出て来てしまいます。

 

こういった事が無いように、事前に直接その会社の人事部と連絡を取り合い、一度は直接面談し条件面や待遇、仕事内容に付いて納得出来るまで話しをするできでしょう。

「紹介者の立場もあるので、あまり細かい事まで聞くことが出来ない」「紹介者に恥をかかせてしまってはいけない」など、気を使い過ぎる様であれば、その紹介自体をお断りした方が良いかも知れません。

転職は、あなたの一生を左右するかも知れない一大イベントです。

あなたの意見を言えない状況や、言ってはいけない状況の場合は、一から仕切りなおす方が無難です。

転職は気を使いながら行うものではありませんから。

 

ただ、紹介の場合は、ある程度話しが進んでしまっていると、紹介者との今後の付き合いもあるので、断り難い状況も出て来ますので、最初から自分の意見ははっきりと言うなどスタンスをしっかりと決めて挑むべきです。

中途半端な態度や、返事は決してしないようにしましょう。

 

有利に働き採用はされやすい紹介転職ですが、ある意味最も判断が難しい転職と言える面もあるかも知れません。

 

次は、面接対策に付いて詳しくお話しをして行きたいと思います。

 

矢印面接対策

[転職活動]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ