読んでもらえる履歴書と気の利く職務経歴書の書き方

履歴書・職務経歴書

履歴書や職務経歴書は、転職をする上において必ず作成するものですが、何の為にこれを作成するの理解しているでしょうか。

それは一般的に下記の意味があります。

企業や、採用者に自分の事を理解してもらう為。

 

実は人事バカでは、それ以外にも履歴書や職務経歴書を書くのには、意味があると考えています。

それは、自分自身を振り返る為。

です。

自己分析とも言いますね。

 

今までの仕事で経験して来た事や、得て来た技術や知識を活かして、将来どの様な方向へ向かいたいのかを明確にする事を目的としても良いのではないでしょうか。

また、振り返ることによって自分では気が付かなかった長所や強みが見えてきます。

ですので、転職を考えた場合、早目に履歴書と職務経歴書は作成に取り組んでも良いかも知れません。

 

履歴書と職務経歴書は、面接時に持参するパターン(主に小規模企業など)と事前に郵送して書類選考をされるパターン(主に大企業や中規模企業など)がありますが、ほとんどの企業が後者になります。

 

面接官を目の前にして書類を見てもらえれば、その場でフォローもできますが、郵送の場合は、フォローが一切できません。

ですから、どんな書類を作成したとしても読んでもらわなければ何も意味がないのです。

そこで、履歴書や職務経歴書では3点ほど注意したい事があります。

  • 見にくい字や用紙を使わない。
  • 内容をゴチャゴチャさせない。
  • 情報を詰め込み過ぎない。

 

要は、書類選考をする側が、読む気が起きない物(読む気が失せる物)を作成しても読んでもらえない可能性が高いのです。

読みやすく、まとまった内容である事が重要です。

あれもこれもと、伝えたい事を多く書くよりも要点をまとめて簡潔に書くことを心がけて下さい。

沢山伝えたい事はあるとは思いますが、文章が長くなる様な内容は、面接時に言葉で伝えた方が効果が大きいでしょう。

どうしても伝えたいということであれば、前述したように要点をまとめて簡潔に記載しておけば良いですね。

 

ここで注意しておいて欲しい事が、嘘やオーバーに書くことは控えましょう。

多少の色付け程度なら良いですが、嘘まで書いてしまうと面接時の思わぬ突っ込みに答えられないなど問題が生じます。

 

嘘がバレれば採用されることはまずありません。

当然ですよね。

そういう嘘を付く人材を入社させてしまうと、働き出してからも嘘を付きますから。

 

そうなると今までの苦労が無駄になってしまいますから注意して下さい。

また、嘘を付いていることがバレなかった場合でも、入社後に嘘だと言うことが知れてしまった時に、最悪ケースでは解雇となる事も考えられます。

ですから、色付けしたとしても嘘はNGです。

 

 履歴書の書き方

続いては、履歴書の書き方に付いてお話しして行きましょう。

まず手書きかパソコンで書いたものかは、現在では採用側も拘ってはいませんので、どちらでも構いませんが、字の綺麗さをアピールしたい場合は手書きでも良いでしょうし、逆に字が苦手という方はパソコンで書くようにしましょう。

ただ、字が下手だから評価が落ちるかと言うとそうでもありません。

字は上手い下手よりも、丁寧(一生懸命)に書いているかどうかが評価されます。

しかし、近年では圧倒的にパソコンで書く方が増えていますので、評価対象に入っているかどうかは微妙なところです。

 

3つの注意点で言っているように「見にくい字や用紙を使わない」ことは大切ですので、一生懸命でも読めない字や見にくい字は論外ですので、一定ラインの字は必要ですけどね。

 

フォーマットに関しても、今では自由です。

市販のフォーマットを使っても良いですし、自作した物を使っても良いでしょう。

デザイン、アート系の仕事や、ウェブ系の仕事の場合は、履歴書に工夫をこなしても良いかも知れませんね。

 

確率的なお話しになって来ますが、人間は2:6:2の割合で基本的に意見が別れます。

工夫した履歴書を高く評価する人が2割、何とも思わない人が6割、低く評価する人が2割。

デザイン系やウェブ系の企業の採用者は、やはり仕事柄こういった個性に対して低く評価する人は少ないでしょうから、高く評価されるか、何とも思わない人の割合の方が高くなる可能性が高いです。

ですので、そういった業界では、3:6:1位になる事が多いでしょう。

 

そう考えると、3割の人に高く評価される可能性があり、6割の人が何とも思わないのであれば、工夫してみる価値はあると言えますね。

ただし、業種により低く評価されてしまう業界もあるので、あなたが転職を考えている業界ではどうなのかを良く考えてから判断しましょう。

薬品メーカーにデザインの工夫をしても仕方がないでしょうし、むしろマイナス評価されてしまう可能性もあります。

この様に、あなたの希望する業界に合わせて工夫するのかしないのかは、選択すべきですね。

 

年号表記に関しては、和暦、西暦どちらでも良いと言われていますが、履歴書に統一感も出ますので、どちらかに統一するのが一般的です。

要は、履歴書は和暦なのに職務経歴書は西暦、学歴は和暦なのに職歴は西暦など、まちまちだと間違いなく評価は低くなるということ。

 

資格においては、転職希望先の企業に関わりのある資格や免許を記載することはもちろん、関係のない物でもあまり多すぎて見づらくならない程度なら記載しておいても良いでしょう。

資格は、資格は転職に役立つのかでも触れていますが、持っているだけで、その専門的な知識がある事が理解出来ますし、努力や行動力、向上心がある人材と良い評価を受ける事が多いのですが、あまりにも多くの資格を持っている場合は、資格の羅列をしても「この人はいったい何がしたかったんだろう?」と思われてしまう可能性もありますし、見た目も悪くなってしまっては元も子もないので、絞り込んでもいいでしょう。

 

自己PRや志望動機に関しては、あまり長文になり過ぎない様に、内容をまとめてから書くようにして下さい。

この時に注意する事が、志望動機や自己PRは企業ごとに内容を変えて、その企業に合った物を作成する事を基本にします。

履歴書の書き方に正解はありませんが、自分の個性が出て、あなたという人間が伝わる様に書く事がベストです。

 

 職務経歴書の書き方

次に職務経歴書の書き方に付いてお話しをして行きましょう。

職務経歴書は、あなたの仕事に関する経歴を記載した物ですから、履歴書以上に重要視されますので、履歴書以上に気合を入れて作成して下さい。

あなたの経歴を記載しますから、あなたをアピールする書類だと言う事です。

 

何度もお話しをしていますが、企業は転職者に求めるものは、即戦力です。

その即戦力が、あなたにあるのかどうかを、この職務経歴書と面接で見て来るのです。

書類上で実力無しと判断されてしまえば、その場で書類審査に通過できず不採用確定になってしまいます。

では、具体的にどのように記載していけばいいのかを説明して行きますね。

 

職務経歴書の書き方は、基本的に自由です。

ある意味個性が出やすい書類と言っても良いでしょう。

 

  • どう、内容をまとめるのか。
  • どう、見やすくレイアウトするのか。

などが重要です。

 

また、実績を記載する際には、具体的である事が必要です。

 

「営業で、所属部所の年間売上アップに貢献」

よりも

「営業で、個人の年間売上3000万円を突破し所属部所の前年売上30%アップに貢献」

の方が具体的で伝わりやすいですね。

面接では具体的内容が必要でも具体的な例を出してお話しをしていますので、ご参考にどうぞ。

 

また、数字のマジックを使った方法もあります。

全体の人数とあなたの順位により使い分けると効果があります。

「所属部所で営業10人中で年間売上1位を達成」<「所属部所で年間売上1位を達成」<「所属部所で営業100人中で年間売上1位を達成」

と、10人しかいない部所の場合は、「所属部所で年間売上1位を達成」と書いた方がより高く評価される可能性があります。

100人など部所の規模が大きい場合は、「所属部所で営業100人中で年間売上1位を達成」とした方が高く評価されます。

相対的な評価でどちらが有利になるのかを良く考えて、記載方法を変えて行きましょう。

 

また、貢献度を伝える場合は、何千万円などより、%で表記した方がイメージをしてもらいやすくなります。

「所属部所の営業成績が前年よりも1000万円アップすることに貢献」

よりも

「所属部所の営業成績が前年比40%アップすることに貢献」

こちらの方が、規模が大きな企業になればなる程伝わりやすくなります。

ちょっとした表現方法の違いや、言葉の違いで大きくイメージが変わりますので、細心の注意を払って 、どう伝えるかを決めていくべきでしょう。

 

また、こういった実績を記載する際には、転職を希望している企業が求めている事を中心にすることが重要です。

例えば、プレーヤーよりもマネジメントを求めている企業に対して「個人の売上は1000万円でした」よりも「私がまとめていたチームでは前年比30%アップの売上を達成しました」の方がよっぽど評価されやすくなります。

ですので、職務経歴書には基本的に、あなたが書きたい事を書くのではなく、応募する企業が転職者に求めている事を解決する様に書くことがポイントになってきます。

 

それはそうですよね。

マネジメントができる人材を集めているのに、個人売上のことばかり伝えていても意味がありませんし、人事としても評価のしようがありません。

あなた個人がどんなことをしてきたよりも、あなたが動かしてきたチームやグループがどのような結果を残してきたのかが、マネジメント能力の高い人材が欲しい企業に取っては重要なのです。

 

最後に職務経歴書を作成する上での大きなヒントをお話ししますね。

職務経歴書の冒頭に経歴の要約を作りましょう。

ただ、これだけです。

 

書類選考の担当者は、日々多くの履歴書や職務経歴書に目を通す事になります。

ですから、見やすく読みやすい物を作成するとお話しして来ました。

そこで、職務経歴書の端から端まで見なければならないのか、冒頭だけを見ただけで、内容がまとめられている要約があるのかでは、大きな違いが生まれます。

これもまた個性であり、差別化でもあるのです。

 

「コイツ気が利くな」と思われる事は、とても重要です。

冒頭に「経歴要約」と大きく書き、職務経歴書内の「あなたの売り」と「その企業と今までの仕事で合致している経歴」の抜粋で構いませんから書いて下さい。

一目であなたの事が分かり、経験していて欲しい仕事を経験出来ているな、という事が理解出来るような1文になっていればOKです。

 

小さなことですが、実践した以上の効果が望めますので、やる価値はありです。

たった、これだけでライバルと、大きな差を生むことができるかも知れません。

 

次は、求人情報の収集の方法に付いてお話しをしたいと思います。

 

矢印求人情報収集の2つの方法

[転職活動]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ